« 34回南九州大会(その7) | トップページ | 34回南九州大会(その9) »

2014年8月16日 (土)

34回南九州大会(その8)

 今夜のNHKの「大人ドリル」は「戦争と平和」というテーマで、正月にやったのと同じクイズ形式でした。太平洋戦争に関する問題が出るのですが、「戦時中にコメが不足するので考えられた北海道名物はいかめし」のように、明らかに通常の方向性では思いつかないような雑学が出題されています。スタッフロールを見たら、やはり正月と同じ高校生クイズ関係者が構成していました。この人は今はアメリカにいて番組を見ていないんだな。

 それでは南九州大会です。宮崎の早押しの7問目、熊本城の問題で宮崎西の1ポイントの方が正解。8問目、世界史で宮崎第一の混成が取ります。9問目の正解は公職選挙法で、宮崎大宮が決定します。藤田アナが「トップオブビクトリー」と叫びます。そういえば今年の司会は誰もこういうのを言いません。

 次は鹿児島です。ラ・サール3チームと鳳凰の女子2チームと甲南の混成です。甲南が2ポイント、ラ・サールの1チームが1ポイント。
 1問目、「100年前に陸続」でラ・サールの1ポイントが桜島を正解。2問目、魚の問題で鳳凰が押して答えられません。3問目はボウリングの問題でラ・サールの昨年代表が正解。4問目、ラ・サールの1問目に正解したチームが間違えます。5問目は言葉の問題でラ・サールの0ポイントのチームが正解。6問目は世界地理でラ・サールの昨年代表が正解します。
 7問目、美術に関する問題で、一昨年までの高校生クイズが帰ってきたような難易度です。ラ・サールの昨年代表が間違えます。8問目、藤田アナが「別名、オニテンジク」を読み間違えますがここでラ・サールが押してカピバラを正解。完全にあの高校生クイズに戻っています。宮崎はこれよりは簡単ですが、一般常識の中では高いレベルで、間違いなく昨年の問題とは違います。この後、自分で解説。

|

« 34回南九州大会(その7) | トップページ | 34回南九州大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60157367

この記事へのトラックバック一覧です: 34回南九州大会(その8):

« 34回南九州大会(その7) | トップページ | 34回南九州大会(その9) »