« 34回長野大会(その3) | トップページ | 34回長野大会(その5) »

2014年8月 4日 (月)

34回長野大会(その4)

 オロナミンCのCMで、帰ってきて櫻井翔にぶつかる玉は、高クイの大玉転がしトライアルの玉に非常に似ています。あれって、運動会の玉転がし用の玉として、市販されているんですね。

 それでは長野大会です。長野は、昨年準優勝のチームは知り合いでないそうです。スタッフTシャツが3チーム。1チーム目は松本深志のクイズ研に当たります。チームの組み合わせはアンケートで決めたらしい。2チーム目も松本深志のクイズ研です。松本深志のクイズ研はそろいのTシャツを着ているのですが、注文が間に合わなくて着ていないチームもいます。

 ディレクターが、会場周辺にいる一般人に参加賞のタオルを配っています。将来の参加者を確保するため、毎回子どもには物を配るのです。
 抽選会、次はライセンスの私物のTシャツとDVDと、ヒルナンデス!で使った覆面です。また松本深志クイズ研のTシャツなしチームに当たります。最後はももクロポスターとトートバッグです。なんか偏差値の高い学校にばかり当たっています。謎解きのジャンケンは、2回やって残った3チームにトートバッグです。
 ライセンスが「また来年来てください。私たちじゃないかもしれませんが」。

 謎解きクロスワードです。配ったペンが書けないといけないので、表紙に思い切り試し書きさせます。この後、またルールが違う。

|

« 34回長野大会(その3) | トップページ | 34回長野大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60094848

この記事へのトラックバック一覧です: 34回長野大会(その4):

« 34回長野大会(その3) | トップページ | 34回長野大会(その5) »