« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

34回近畿大会(その13)

 ビデオデッキのハードディスクの空きをつくるために、1年前の「ほこ×たて」を見ました。画面に「国民的アニメサザエさんマニア大募集!」と出ています。こんな企画があったのか。どのくらい応募が集まったのかな。これなら番組が打ち切られても別の枠でできそうなものだが。

 それでは近畿大会です。東大寺学園は1チームが2年で2チームが1年です。1問目、あべのハルカスについての問題が読み上げられますが、ここで答えがそのままの問題が出るわけがありません。おそらく高さでしょう。しかし東大寺学園の1年が何も考えないで答えます。
 2問目、先週のアタック25で出たのと同じ日本史の問題で東大寺学園の2年が正解。3問目は音楽の問題で、1問目で間違えたチームがまた早く押して答えられません。4問目、EUについての問題で東大寺学園のもう1チームが早く押して答えられません。東大寺のクイズ研は知識がないのに早押しテクニックだけ身に着けているパターンか。

 5問目、あまり使わない日本語の問題で、東大寺学園の2年が正解。このチームだけ確実に答えて王手です。6問目、カナダの問題で東大寺学園の2問間違えたチームがようやく正解します。しかし次の問題でこのチームがかなり早く押して、まったく見当はずれの答えを言います。スポーツの問題なのに料理名を答えています。

 8問目、GHQの問題で、王手のチームが押して、声をそろえて「マッカーサー!」。しかしブー。2代目の司令官は誰という問題です。スタッフは奈良だから難しい問題を用意しているのに、東大寺学園が期待に応えていません。この後、まだ間違え続ける東大寺学園。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

34回近畿大会(その12)

 最近、ウィキペディアのウルトラクイズ関連の項目を見て気づきましたが、12回は東京ドームで敗者復活戦がなかったと書いてあって、福留が「いつまでもあると思うな、親と敗者復活」と言って会場が騒然となったとなっています。実際は、復活の条件に該当する敗者がいないことがスタッフには事前に調べることが可能な「敗者復活戦」をやって、「復活者はいませんでした」とやったら参加者の不満が爆発して、プロデューサーが出てきて謝って、この部分がすべて放送でカットされたのです。そして「いつまでもあると思うな、親と敗者復活」は、ウルトラクイズの本の筆者が創作した完全な虚偽です。ウィキペディアでは、敗者復活戦があったという事実を書くと「見たと言っているだけ」として削除されるのに、「いつまでもあると思うな、親と敗者復活」は虚偽なのに出版された本に載っているということだけで真実の証拠と認定されるのです。

 それでは近畿大会です。兵庫の早押しの1問目、「今年日本で公開された映画」で灘が押しますが不正解。「アナと雪の女王」の英語名でした。2問目「古代イスラエル王国」で灘の別のチームが押して「ダビデ」と答えて不正解。「3代目の王は誰」という問題です。おかしい。問題が難しすぎる。完全に2年前に戻っているではないか。
 3問目の答えはエンタシスで、灘の1問目を間違えたチームが正解です。露骨に難問クイズの頻出問題。4問目、「蒸気機関車のSLは何の略」で同じチームが正解。王手です。5問目、イギリスの軍人の名前がもとになっている風の強さの基準で、灘の2問目に間違えたチームが正解。最初から灘が答えることしか想定していない問題が続きます。

 6問目「11の2乗は」で今正解したチームが押して答えられません。これは予想できそうなものだが。正解は12321です。7問目、「『或る男』を書いたのは」で王手が押します。有島武郎と答えて決定。「では『或る女』を書いたのは」でした。

 次は奈良です。東大寺学園が3チーム。西大和の混成、西大和の女子、そして聖心学園の女子です。奈良の聖心学園という学校名は初めて聞きました。この後、意外にできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

34回近畿大会(その11)

 Eテレの「テレビでフランス語」は、エンディングでクロスワードをやっています。毎回1つずつカギを埋めていくのですが、最初から半年後までの答えが用意されているということですね。それぞれは各回の内容に関連しているわけですから、第1回の収録を始める前に半年間のすべての内容が完成していないといけないということです。民放では難しそうです。

 それでは近畿大会です。今度の雨と雷の具合はこれまでよりも激しくて、まったく再開のきざしが見えません。上空を見ると雲は動いていますが、雲が切れるところまで来るのはいつになるかわかりません。高校生らとともに雨がかからないところに避難しますが、次第に足元にも水がたまってきました。

 ここで兵庫の決勝のメンバーを書いておきますと、灘が3チーム、女子は神戸女学院、神戸大附属、西宮です。灘の中には昨年決勝で負けたチームもいるようです。

 大阪の早押しは15分ほどかかっています。あと5府県で75分ということになりますが、もう16時になろうとしています。天気がよければもう終わっていたかもしれないのに。すでに○×クイズのセットは解体されていますが、これをトラックで仙台に運んで明日の13時には収録を開始しなければなりません。これ以上長引くと間に合うのか。

 30分以上たって、16時10分過ぎに雨が弱まってきます。スタッフが動き出しました。16時18分に再開です。各チームへのインタビューが、意気込みを一言で言うだけになります。この後、露骨な問題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月28日 (木)

34回近畿大会(その10)

 ナナマルサンバツのフェアで、単行本とヤングエースと、あるところで拾ったヤングエースがあるので、抽選券が3枚あって、ラバーストラップに3口応募できると思ったら、ラバーストラップは「単行本の応募券1枚」であることに気づいていませんでした。危うく無効な応募券で3通出すところでした。

 それでは近畿大会です。大阪の決勝の1問目、「初代はエッフェル塔がモデル」で、星光の自称バスケ部が通天閣を正解。「通天閣は僕のふるさとなんで」。上重アナが「ウソでしょ」。2問目は芸能問題で同じチームが取ります。もう王手です。
 3問目の正解は国土地理院ですが、北野が途中で押したら問題文が「国土」で止まるので一瞬固まります。しかし「国土交通省の特別機関は」でした。
 4問目の正解はJAXAですが、大阪桐蔭がNASAと答えます。他のチームがボタンを押しますがダブルチャンスはありません。上重「必死のパッチで押してましたけどダメです」。わざわざ大阪でしか使われない表現をしています。
 5問目は生活の問題で阪南が正解。6問目はことわざで北野が取ります。上重アナが「追っかけ王手」。いくらリーチと言えないからといって、追っかけ王手はないだろ。

 7問目、「明け方や夕方に輝く」で星光のバスケでない方が押しますが、意味不明のことを言います。8問目、四字熟語の問題で北野が正解して逆転で決定しました。15時30分過ぎに終了しましたが、また雷が聞こえます。
 次の雨が来る前に急いで兵庫を済ませようとします。観客だけが解答席のそばから避難させられます。その代わり、ちゃんとスピーカーを観客席側に持ってきます。しかしここで一気に雨が降ってきました。結局、兵庫の早押しをできないまま中断です。この後、いつできる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

34回近畿大会(その9)

 代々木ゼミナールの経営大幅縮小に関して、1980年に東京体育館で行われた運動会の映像が情報番組で流れていました。作品名や大学名と連想される言葉のパネルを選んで走ったり、巨大マークシートを塗りつぶして走ったり、高校生クイズでできそうな企画ではないか。一昨年までの番組にも合いそう。

 それでは近畿大会です。昨年もこの会場では雷雨で長時間中断して、最終的に和歌山の決勝は選手控室みたいなところに入って別のゲームをやりました。別に大阪中で雷が発生しているわけではなく、この場所は雷が発生しやすい条件があるのではないでしょうか。会場を変えた方がいいのではないかと思います。

 収録を再開できないまま、14時50分には雨が降ってきます。そしてまた雷です。今年の近畿大会は非常に早く終わるかと思いましたが、それどころではなくなってきました。私も明日の仙台に向けて移動しなければならないので、これは非常にまずいのですが。

 15時前に、会場を屋内に移動するという情報が流れてきましたが、これはガセでした。15時3分にスタッフが動き出します。どうやらストラックキャノンをあきらめて早押しだけになる模様です。さらに、早押し機は半分にカバーがかけられたままで、1県ずつやるようです。2県ずつだと逆に放送の尺が足りなくなるからでしょうか。
 3ポイント先取で、不正解は1回休みになると発表されます。15時16分に大阪の早押しです。北野の混成は男子が後輩の彼女を連れてきたそうです。大阪桐蔭は何かたすきをしています。清風南海の女子は去年決勝で負けました。星光学院は2チームで、互いに知らないそうです。バスケ部のキャプテンと副キャプテンと名乗ったチームに会場から「うそつけ」。阪南大学校の女子は、学校の掲示板で番組のポスターを見て応募したそうです。この後、また中断。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月26日 (火)

34回近畿大会(その8)

 広島FMの「9ジラジ」で今年も「エコノミクス甲子園への道」が始まったようです。今年からはラジコプレミアムがあるので全国で聞くことができます。

 それでは近畿大会です。決勝の時間短縮策はストラックキャノンだけではありません。早押し機が12台並んでいます。つまり2県ずつ早押しをすることによって、個別のチームへのインタビューを減らすとともに、スルーになる問題も減らせます。準備も3回に減らせることになります。なお、この地区の解答権表示は番組ロゴが立ち上がります。
 そしてもう一つ大きな変更点があります。沖縄大会のときに、ストラックキャノンの的は事前番組のように動いた方がおもしろくなると書きましたが、セットがトラックでない4地区だけはパネルが動くということが判明しました。なお、パネルは沖縄と同じ、最高得点が15点のバージョンです。

 ストラックキャノンは大阪からです。なぜ帰るのに時間がかからない府県からやるのでしょうか。大阪星光の1球目は2に当たりますが抜けません。
 ここで雨が降ってきます。収録を中断して全員避難します。止むまでに15分ほどかかります。1球目からやり直すことになりました。2球とも枠です。
 続いて清風南海の女子。2球とも枠です。次の大阪桐蔭は1球目が1点で2球目はアウトです。

 14時25分ごろに雷の音が聞こえます。雷警報が出たそうです。一斉に避難します。昨年と同じことになっているではないか。この会場は高校生クイズに向いていないのではないかと思います。この後、収録が難航。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

34回近畿大会(その7)

 木曜日の深夜に「ドキュメント72時間」をまとめて再放送していましたが、新宿のヨドバシカメラの写真プリント機の回で、アナウンサー試験の書類に張る顔写真を出している女子がいました。福岡放送であることがはっきり映っています。しかし福岡放送のアナウンサーに合格したのは「月曜から夜ふかし」のアシスタントであることが明らかになっているのですから、この人は落ちたことがわかってしまいます。

 それでは近畿大会です。謎解きクロスワードの開始から13分で兵庫の女子の3チーム目が来ます。しかし不正解。次のチームが正解で終了です。そしていつの間にか奈良も終わっていました。
 この時点で残っているのは滋賀の女子2チーム、そして和歌山は男女の区別がなくて4チーム残っています。17分で滋賀の混成が2チーム続けて正解。18分で和歌山の3チーム目が決定。

 19分のところで和歌山の残っているチームを呼びます。5チームいます。しかし20分で制限時間終了と言います。でもこの時点で2チームが正解を書いていました。この2チームは勝ち抜けになります。さらに、和歌山が7チーム以上参加しているのにわざわざ決勝を欠員にすることはありません。スタッフが残りのチームの中から独断で勝者を選んでいました。おそらくクロスワードの解き具合を見たのだと思います。

 敗者と藤崎マーケットのハイタッチはあります。決勝は13時50分過ぎにスタートです。仮に決勝に3時間かかったとしても、近畿としては異例の早さで終わることになります。さらに、早く終わらせるために他地区とは違うルールが導入されていました。ストラックキャノンは6チームを抽選でAグループとBグループ3チームずつに分けて、各チーム2球でグループの合計得点が高い方の3チームに1ポイントずつ入ります。これだと個別のチームのインタビューにダラダラと時間を割くことがないので早く終わります。さらに3チーム終わるまで抜かれたパネルは戻さないので、その点でも時間短縮です。この後、近畿独自のセット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

34回近畿大会(その6)

 本日、関西テレビで「クイズ丸投げ丸もうけ!芸能人にまかせなさい」という番組をやっていました。宇治原から鈴木奈々まで5人の芸能人が「夢叶えるンジャー」になって、クイズに答えます。一般人のチームが、クイズに答える5人をうまく利用して、最終的に希望の賞品の獲得を目指します(一部、一般人も答えるところがある)。ルールがよくできていて、ローカルでやるのがもったいない。一般視聴者が参加するクイズ番組はこういうやり方があるのかという可能性を感じました。

 それでは近畿大会です。謎解きのジャンケン大会です。トートバッグが50人にもらえます。2回ジャンケンをして、ちょうど50人になったそうです。藤崎マーケットと林アナがまだしゃべっていますがスタッフがやめさせます。12時4分に終了です。12時15分に雨が止むという予報なのでそれまで待つそうです。今や高校生クイズは気象会社も使っているんですね。

 12時10分ぐらいに雨がほぼ止みます。すると今度は一気に日が照ります。各府県ののぼりに勝者を集めます。和歌山もクイズが成立するぐらいのチーム数はいます。ここでスタンドの屋根がある部分を、高校生以外の一般客に開放します。

 12時40分ごろから準決勝です。解答席は大阪・兵庫・京都・それ以外の4つです。開始から5分で兵庫の男子の1チーム目が来ます。続いて2チーム目。6分で兵庫の男子が終了です。すべて灘なのでしょうか。ここから各府県、ちょこちょこと正解が出ていきます。7分で大阪の男子の1チーム目、続いて大阪の女子の1チーム目。
 少数県を含め、列はできずに1チームずつ来る感じです。9分で大阪男子が終了、11分で大阪女子が終了。この間に京都が終わっていました。この後、独断で決める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

34回近畿大会(その5)

 今夜の「金曜ロードSHOW!」はヱヴァンゲリヲンの序でしたが、今週が序で、来週が破で、その次の週がQで、その次の週もQということですね。

 それでは近畿大会です。敗者復活戦の1問目、「アガサ・クリスティが恋愛小説を書くときに使っていた別のペンネームは」。ナナマルサンバツでは直接この問題が出たのではなく誤答として表示されましたが、高校生クイズに出るならナナマルサンバツのストーリーで重要なポイントに出てくる知識を覚えなければならないのです。次はヴィア・ドロローサとか出るのかな。
 上重アナは「ナンバーコール」です。さすがにみんなナナマルサンバツを読んでいるようで、圧倒的に正解が多い。そして終了です。負けたのは100チームいないくらいです。

 藤崎マーケットのライブです。5年ぐらいやっていないラララライ体操をやります。あとはキートン山田のものまねとか、あるあるです。「高校生クイズで見る、独特のガッツポーズをするチーム」というのをやります。ここで雨が降ってきます。

 抽選会が始まります。まだ午前中です。藤崎マーケットが24時間テレビに出たときに使った黄色いタンクトップを出します。染めるのに3万円かかったそうです。
 ここで雨が非常に激しくなります。この後、読売テレビグッズが5チーム、スタッフTシャツが5チーム、ライオングッズが6チームですが、もはや番号を引くだけで、いるかどうか確認もしていません。この後、開放。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

34回近畿大会(その4)

 今さらながら、BS日テレで「木曜スペシャル」をやっているのに気づきました。かつて日本テレビで放送されていたのと同じロゴです。ナビゲーターが福澤朗です。しかし今夜の内容は、東京の地下についてで、シルシルミシルさんデーとかNHKのBSで見た関係先の取材そのままです。制作費がかかっていないんだろうなと思います。かつての木曜スペシャルとは全然違います。週によってはただの映画だったりするんですね。

 それでは近畿大会です。スタッフが、和歌山の敗者は残るように言っています。2問目、パンダについてですが、これはいい問題です。しかしまたしても、2つの量を比較する問題です。不正解の方が多い。
 3問目は滋賀県についての問題です。これも発想はおもしろい。南九州の沖縄県の問題と同様、考えたこともありませんでした。しかし結局これも、2つの量を比較する問題です。近畿の○×はすべて比較問題です。ほとんどが正解で、間違えたのは3チームしかいません。勝者は50チームぐらいでしょうか。

 Z会のブースでは、今年の超難問コロシアムの天才問題集がもらえることがわかりました。11時半から敗者復活戦です。この地区のセットには動画モニターがないので、「続行」「終了」を表示できません。そのため、青と赤のパトランプがついた台が出てきて、続行なら青、終了なら赤がつきます。ももクロのメッセージと同様、ちゃんとしたセットの予選の方がトラックよりしょぼくなっています。このパトランプは北海道でも使われたそうです。また沖縄でも用意されていたものの、敗者復活戦が最初から1問になったので出てきませんでした。この後、また露骨な出題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

34回近畿大会(その3)

 今朝、フジテレビでは広島土砂災害の報道特番になっていましたが、改めて野島アナの発音発声を聞くと、日テレの藤田アナに非常に似ています。一瞬「スッキリ!」とチャンネルを間違えたのかと思ってしまいました。

 それでは近畿大会です。問題数を減らせという藤崎マーケットに対し上重「私、好きな言葉は好感度なんですよ。減らしましょう。7問」藤崎マーケット「大阪は値切ってナンボ」上重「ここで近畿の皆さんの心をつかめば、好きなアナウンサーランキングで2位か1位になる」。ここまでが茶番です。
 巨大なコーンが高校生の一番後ろのところにあります。2周で60秒です。2人ともわざと時間をロスしますが、59秒50でクリアします。ここで藤崎マーケットが急に「吉本興業が給料少ないというのはほんまやからね」。

 ももクロのメッセージが音声だけ流れます。藤崎マーケットも○×クイズに答えますが、「僕たちもニューヨークに行けますか」上重「行けるかもしれません。スケジュールは空いてますか。空いてますね」。

 1問目、スポーツに関する問題ですが、なぜその記録とその記録を比べる。近畿ぐらいの参加人数だと、こういう勘で答えるような問題で減らすか。正解の方が少し多い。藤崎マーケットは間違えます。上重「藤崎マーケットのお二人ともお別れです。ギャラも3分の1で」「ただでさえ吉本興業のギャラは少ないのに」。そして敗者全員を土下座させて敗者復活を要求します。この後、またそのパターン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

34回近畿大会(その2)

 「水曜日のダウンタウン」の「逆高校生クイズ」の録画をようやく見ました。出場する高校生を徹底的にバカにするような内容でしたが、世間一般の知識ってあの程度のものではないでしょうか。雪国の書き出しを知らない人は結構いるでしょうし、5本の指の名前だっていざとなればわからなくなります。三角フラスコの写真でサンフランシスコと答えるということは、何か習った記憶はあるということですね。あの問題が答えられなくても社会生活に直接影響が出るとは思いませんし、就職もできるでしょう。実際、クイズとして決着がついているので、正解した問題がかなりあるのにカットされているわけですし。

 それでは近畿大会です。林アナの前説で、SNSに問題を書くなというのに加え、雷が発生したときの注意事項があります。昨年は雷で長時間中断しました。読売テレビの編成部長のあいさつ。「最近優勝しているのは関東の高校ばかりです」と言って上着を脱いで「兵庫県、行こう!」と絶叫します。それを府県ごとに繰り返します。
 ライオンの近畿第2チェーンユニット統括の人の開会宣言があって、上重アナが出てきます。「服部緑地には、小学校の遠足以来です」。そして「正直、桝アナの方がよかったと思う人。ZIP!もいいけどズムサタもよろしくね」。桝アナの夏休み中はZIP!をやるというのでZIPコールをします。来週のZIP!の高クイコラボコーナーで出るかもしれないと言いますが、読売テレビではその時間帯は間違いなく放送されません。

 そういえば、このセットは三角柱が回転して正解を表示するので、動画モニターはありません。このためももいろクローバーZのメッセージも音声だけということになります。小さい予選より条件が悪いではないか。
 上重アナが○×は10問と言って、藤崎マーケットが出てきます。「プロ野球の始球式で121キロ出してる場合じゃないですよ」。この後、値切ってナンボ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

34回近畿大会(その1)

 エコノミクス甲子園の予選日程が発表されて、北海道が地域ごとに分割されて予選会場が増えることを自画自賛していますが、そんなことよりも大事な岩手大会や熊本大会の復活はできないのか。

 さて、7月20日と21日は2カ所で予選があります。南九州大会からの流れで北九州、長崎とありますが、一方で別スタッフが近畿、南東北をやります。やはりいろいろな地域を見ないといけないので、夜行バスで大阪に向かいます。

 会場は今年も服部緑地公園のグラウンドですが、開始時刻が10時半です。今年の高クイは、補習や部活の後でも参加できるよう、ほとんどの地区が午後に始まります。その中で近畿だけが断トツの早さです。決勝が1県につき40分ぐらいかかることがわかったので、6府県を処理するには本当に早く始めないといけません。しかも、セットを翌日の仙台に持っていかなければならないのです。
 そのセットですが、トラックではない正式なセットは、今年は南東北・関東・中部・近畿の4地区でしか使いません。29回までは沖縄以外の全地区で使っていたのに(北海道は使うことも使わないこともある)。見たら、昨年と同じものでした。さすがに4地区でしか使わないのに新しいのは作れません。ちょうどベネッセからの個人情報流出が報道されたときですが、Z会のブースは普通にあります。やってることは同じだと思うのですが。
 スタッフの中にも南九州大会からこちらに来ている人がいるのを発見しました。この後、かえってしょぼい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

34回南九州大会(その10)

 QUIZ JAPANを読み進めていますが、1号のときはほとんど間違いがなかったのに、今回は結構間違いが散見されます。誤字もありますし事実関係が違うところもあります。種村直樹の鉄道旅行地図って出てきますけど、あれは鉄道旅行術を聞き間違えたのではないか(鉄道旅行地図がないわけではないが、この文脈には当てはまらないと思う)。公式ツイートで、ミスがあって刷り直したので発売が1日遅れると出たり、かなり厳しい状況で作っているのではないでしょうか。3号の発行に影響しなければいいですが。

 それでは南九州大会です。熊本の早押しの4問目は、熊本のまだ答えていない男子が正解。5問目の正解はデフォルメです。くまモンとスクランブル交差点を答えた熊本が正解します。藤田「ここで初めて熊本県以外のことを答えてきたね」。
 6問目は熊本の、4問目に答えたチームが正解。7問目、ジャガイモは何科という問題で熊本の最初から2ポイントのチームが勝負して間違えます。8問目、熊本の1問おきに押しているチームが不正解。9問目、「穴が開いていない貨幣の合計」という問題で、熊本の混成が11111円と答えます。10問目、ライン川の河口がある国はという問題で、熊本のまだ答えていない混成が不正解。
 11問目、バスケットボールの問題で、熊本の2問答えたチームが久々の正解。12問目は熊本の混成が取ります。
 13問目、「90度より小さい角は」で、熊本の熊本県以外も答えるチームが「鈍角」と答えて正解。王手です。14問目、また算数のかなり簡単な問題でこのチームが正解して決定しました。

 読み直しはオニテンジクネズミなど4問もあります。最近は司会者が噛んだ問題だけでなく、あまりに早く正解された問題も全文を読むようになっています。終わったのが18時20分で、決勝に2時間ぐらいかかっています。6府県ある近畿ではどうなるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

34回南九州大会(その9)

 汐博の高校生クイズブースですが、2人1組で4チームずつの参加です。まず、○×クイズを2問やります。1問以上正解するとライオン製品がもらえるようです。次に早押しが1問出ます。しかし問題は4択で、司会者がボタンを押してくださいと言わないと押せません。このためクイズができるからといって勝つのは難しい。しかしこの早押しで正解すると、番組タオルとともに、昨年の2回戦を突破したチームしかもらえない、小型ライオンぬいぐるみキーチェーンがもらえます。これは欲しい。挑戦する価値があります。

 それでは南九州大会です。鹿児島の早押しの9問目、数学の用語でラ・サールが正解。10問目、参院選に関する問題でラ・サールの昨年代表が正解します。この問題で思ったのですが、最近の高クイは、問題文をシンプルにするために限定でつっこまれるものがあるように思います。あと、早押しの問題カードに解説が書いていないように見えるのですが。
 11問目、宗教に関する問題です。こういうのが出るのは一昨年までの傾向です。昨年代表が王手。12問目、「太陽系の惑星で質量は大きいが密度は」で、ラ・サールの別のチームが押します。土星と答えて不正解。木星型惑星です。途中から完全にオープン大会的な問題になっています。13問目、比較的簡単な問題でラ・サールの昨年代表が決定です。

 最後は熊本です。男子はすべて熊本で、熊本の混成が2チームと第一の女子です。熊本の男子が2ポイント、熊本の混成が1ポイント。
 1問目、「誕生日は3月12日」で熊本の0ポイントの男子がくまモンを正解。2問目、「デンマークがその大部分を占める」で熊本の0ポイントの混成が押して答えられません。答えられないのに勝手にクイズ研の手が動く典型です。3問目、スクランブル交差点を1問目で正解したチームが正解。熊本で始まったことは有名ですが、「日本初はどこだったか知ってる?」と聞かれて「熊本」ではなく商店街名を答えます。この後、各チーム暴走。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

34回南九州大会(その8)

 今夜のNHKの「大人ドリル」は「戦争と平和」というテーマで、正月にやったのと同じクイズ形式でした。太平洋戦争に関する問題が出るのですが、「戦時中にコメが不足するので考えられた北海道名物はいかめし」のように、明らかに通常の方向性では思いつかないような雑学が出題されています。スタッフロールを見たら、やはり正月と同じ高校生クイズ関係者が構成していました。この人は今はアメリカにいて番組を見ていないんだな。

 それでは南九州大会です。宮崎の早押しの7問目、熊本城の問題で宮崎西の1ポイントの方が正解。8問目、世界史で宮崎第一の混成が取ります。9問目の正解は公職選挙法で、宮崎大宮が決定します。藤田アナが「トップオブビクトリー」と叫びます。そういえば今年の司会は誰もこういうのを言いません。

 次は鹿児島です。ラ・サール3チームと鳳凰の女子2チームと甲南の混成です。甲南が2ポイント、ラ・サールの1チームが1ポイント。
 1問目、「100年前に陸続」でラ・サールの1ポイントが桜島を正解。2問目、魚の問題で鳳凰が押して答えられません。3問目はボウリングの問題でラ・サールの昨年代表が正解。4問目、ラ・サールの1問目に正解したチームが間違えます。5問目は言葉の問題でラ・サールの0ポイントのチームが正解。6問目は世界地理でラ・サールの昨年代表が正解します。
 7問目、美術に関する問題で、一昨年までの高校生クイズが帰ってきたような難易度です。ラ・サールの昨年代表が間違えます。8問目、藤田アナが「別名、オニテンジク」を読み間違えますがここでラ・サールが押してカピバラを正解。完全にあの高校生クイズに戻っています。宮崎はこれよりは簡単ですが、一般常識の中では高いレベルで、間違いなく昨年の問題とは違います。この後、自分で解説。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

34回南九州大会(その7)

 なかなか売っていない「QUIZ JAPAN」ですが、東大の生協書籍部に行ったら山のように積んでありました。
 この中で、29回高クイで優勝した人が、東大寺学園のクイズ研は6回の優勝メンバーが作ったと聞いていると発言していますが、これは事実と異なります。東大寺学園のクイズ研は7回の準優勝メンバーが8回を前に作ったものです(8回の事前番組でも紹介されている)。このときの安良という人は、高クイに出た後、京大医学部に入ってクイズ番組に出まくるという、今なら確実にQUIZ JAPANに載っているはずです。

 それでは南九州大会です。甲南の混成、2球目は1点です。鳳凰の女子は1球目が1点で、2球目が同じところを通り抜けます。ラ・サールの昨年代表は、1球目が枠で2球目は上のフレームです。

 熊本のストラックキャノン。熊本の男子は1球目が枠で2球目は2点です。次の熊本の男子、1球目が3点。太鼓の達人で鍛えた成果とか言います。そして2球目が20点。なんとまたも20点が出るとは。
 熊本の女子は、1球目が1と3の間で、2球目は3点です。第一の女子は、去年は高校生パフォーマーでマジックをやったそうです。1球目が1と3の間で、2球目が1点。熊本の男子は2年生。1球目が枠で2球目も枠です。熊本の混成は1年生。1球目が上のフレームで、2球目も枠です。

 宮崎の早押しです。この地区では、誤答は2回休みになりました。宮崎第一の男子が2ポイント、宮崎西の1チームが1ポイントです。1問目、九州の自治体に関する簡単な問題で宮崎第一の混成が正解。2問目、アメリカ大統領の問題で宮崎大宮が取ります。3問目は漢字で宮崎大宮が連取。4問目、魚についての問題で宮崎第一の男子が正解します。
 5問目は漫画の問題で、正解はテニスです。テニス部の宮崎大宮が正解します。6問目、パソコンの問題で、宮崎大宮が早くも王手。この後、初めて叫ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

34回南九州大会(その6)

 こういう本が出ていますが、ZIP!などの番組のことは出てくるものの、高校生クイズの話は出てきません。やはり思い入れがないのだろうか。

 それでは南九州大会です。謎解きクロスワードの答えはそれぞれの地区に関係あるのかと思ったら、ここはなんでその単語なのかわかりません。これでは全部解けていない段階で勝負をかけるのは難しそうです。

 この地区のストラックキャノンは、20点があるバージョンです。1位が2ポイント、2位が1ポイント。まずは宮崎です。1年生が4チームと3年生が2チーム。宮崎西は1球目が1点で、2球目は枠です。昨年代表の宮崎大宮は、1球目はさっきと同じところで、2球目は1点です。また宮崎西です。1球目が2点で、2球目は5点の上。宮崎第一の男子は1点と3点。2球とも点を取るのは珍しい。本庄は1球目が1点で、2球目は下の金属です。宮崎第一の混成は、1球目が1点で2球目は上の金属。この県は全チームが点を取りました。

 次は鹿児島です。全チームが3年生。ラ・サールの1チーム目。1球目は上の金属に当たって、2球目は枠に当たった勢いで関係ないところの3点パネルが落ちますが、もちろん0点です。ラ・サールの2チーム目は1点と3点。ラ鳳凰の1チーム目は1球目が1点で2球目が枠。甲南の混成はクイズ研です。女子が20点を当てます。藤田アナが「今年の全国の高校生クイズを見ても、20ポイント射抜いたのは見たことありません」。実際は鳥取島根大会で20点が出ています。この後、また出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

34回南九州大会(その5)

 先日の「週刊フジテレビ批評」で、クイズ番組の作り方についてやっていましたが、「シルシルミシルさんデー」をやっている人が裏の「クイズ30」も担当していることが初めて確認できました(本来は裏ではないが、シルシルが常に2時間スペシャルなので重なる)。4月以降、シルシルミシルさんデーは2回しか放送されていないので、ほぼ重なることはありませんが。そして「クイズ!ヘキサゴン」の映像に島田紳助の声が入っていました。

 それでは南九州大会です。PRスポットを撮ります。普通はクイズが始まる前にやることで、敗者が去って人数が減ったところでというのは史上初です。

 次は謎解きクロスワードです。解答エリアは宮崎鹿児島と熊本の2レーンです。表紙に載っている例題の説明がこれまでで最も詳しい。
 スタートから5分で宮崎と熊本が1チームずつ来ます。それから何秒かして、一気に列に並びます。熊本男子、宮崎男子、熊本男子、鹿児島男子が抜けます。7分で熊本の男子が終了です。熊本の女子が来ません。8分で鹿児島の男子が終了です。
 10分でようやく鹿児島の女子の1チーム目です。11分で宮崎の男子の2チーム目。そして熊本の女子の1チーム目。14分で鹿児島の女子が終了。

 宮崎の男子は3チーム抜けたと思ったら、14分でまた宮崎の男子が来ます。宮崎は性別が関係ないようです。女子が3チームいないのでしょう。16分で宮崎の男子。17分で熊本の女子に初めての不正解が出ます。この不正解がなければ熊本はすべて同じ学校になるところでした。18分で宮崎の混成と熊本の混成が来ます。19分で熊本の女子が来て終了です。
 敗者にハイタッチがあります。10分近くかかります。この後、また出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

34回南九州大会(その4)

 「たけしのニッポンのミカタ!」で、クロスワード専門誌のパズル作成についてやっていたといううわさを後で知ったのですが、その回がようやく奈良テレビで放送されました。パズルごとにテーマが設定されていますが、クロスワードではそれに関係ない単語も入れざるを得ないわけで、カギの文章でいかにテーマにこじつけるかというのをやっていたのがおもしろかった。このところの高クイの第1問も、問題を出す前の発言でその地区にこじつけていますが。

 それでは南九州大会です。藤田アナが敗者のところに降りてハイタッチします。スタッフが宮崎の敗者だけ確認しています。
 キンタロー。のライブです。高校生の間を走り回ります。「恋するフォーチュンクッキー」でAKBのメンバーをたくさん真似します。伊藤みどりをやりますが、高校生にはわからないだろ。芸人になる前は社交ダンス講師をしていたということで、ダンスと歌のものまねメドレーをやります。一緒に踊る高校生が映されています。

 抽選会です。この地区は参加者が多いからか、抽選券の番号が1から始まっています。くまモンと熊本県民テレビのキャラクターが一緒に載っているクリアファイルが10チームに当たります。出てきた人にキンタロー。が「クイズ大好きそう」。キレイキレイセットが5チーム、スタッフTシャツが3チーム。
 謎解きをやったのは50チームぐらいいます。ジャンケンを3回やって、7、8チームにトートバッグが当たります。次はキンタロー。の本とDVDです。当たった人に「こんなチェリーボーイに私の処女作品が渡る。うれしいです」。最後にももクロのポスターとトートバッグです。
 帰るところで、この大学のくまモンクリアファイルが自由に取れます。本当にくまモンは自由に使えるんですね。学校案内が同封されています。この後、なぜ今ごろやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

34回南九州大会(その3)

 本日のアタック25のVTRクイズの答えは徳島県でした。解説で徳島県の観光について次々と読み上げて、結びが「徳島県には今日も多くの観光客が訪れています」。朝日放送ではこのときちょうど、L字画面で徳島県の避難情報が出ているのに。

 それでは南九州大会です。○×クイズの1問目、CDを出す藤田アナがいきなり歌います。南九州と何も関係ない、強引な前ふりもない、英語の歌の問題です。常識の範疇です。
 鳳凰はバスで来ているそうです。キンタロー。はアンジェリーナ・ジョリーをやりながら×に行きます。正解発表は「お裁きフィーバービジョン2014」。正解の方が多い。キンタロー。が敗者復活を要求します。「誠意を見せるために踊ろう」と言って、不正解側の全員でフライングゲットの曲をやります。

 2問目、現在の国際政治について。これはあちらの答えでないと出題されないと思いますが、不正解の方が多い。3問目、沖縄県について。この発想は気づきませんでした。いい問題です。ただし沖縄大会では全員に正解されるので出せません。最終的に40~50チームぐらい残っています。

 敗者復活戦です。藤田アナは、去年より参加者が多いと言います。1問目、ノーベル賞についての問題。人数が多いのでバルーンだけでは分けられません。ここは「起こせ、1、2、3番コール」です。正解がかなり多い。100チームを超えているか。タオルを振る曲がかかりません。これで終了になります。敗者は50チームぐらいです。この後、数字が違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

34回南九州大会(その2)

 「世界ふれあい街歩き」の公式ツイッターがこんなことを書いていました。

――――(ここから)――――

NHK 世界ふれあい街歩き ‏@nhk_sekaimachi 8月8日
明日夜9時は世界ふれあい街歩きの夏休み企画、「アメリカ横断!街めぐりスペシャル」です。
(クイズはありません)
ちょっと詳しめのご紹介をNHK公式Facebookページに載せました。
よろしければこちら、ご覧下さい!
https://www.facebook.com/NHKonline/posts/918694238157242 …

――――(ここまで)――――

 やっぱりあの番組を意識してたんじゃないか。

 それでは南九州大会です。注意事項で、問題をSNSに上げることは禁止とここで言います。これまでは謎解きクロスワードのところだったのに。キンタロー。が「ダメよ~ダメダメ」。ももいろクローバーZのメッセージが流れると、キンタロー。が真似します。

 藤田アナが出てきます。去年準決勝で剣を刺して負けたチームはいるかと聞きます。そして毎年来ている馬のかぶりもののチームはいないと言います。「去年はラ・サールがパリまで行きました。ラ・サールいますか」で1チームしか反応しません。
 福留フレーズであおります。そして○×が10問と言ったところでキンタロー。が乱入しますが、噛みます。「好感度ほしくないですか」「私は人気アナウンサーランキング圏外ですから」「もっとライトにライトにライトに」「あ、桝さんに替えればいいの?」「自虐やめろよ」。

 玉転がしは1往復を30秒でクリアです。走っている途中に光浦靖子のものまねを振りますがやりません。勝ち残ったチームは高校生クイズシールというのを、今年の司会で初めて言います。あと、藤田アナは「スッキリ!」の企画で、ヒャダインのプロデュースでCDデビューするそうです。この後、初めて名前がつく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

34回南九州大会(その1)

 NHKの「クイズ100人力」がまたあるようですが、予告を見ると、海の幸対決となっています。それに100人側のメンバーとしてサンドウィッチマンが参加するようです。今やサンドウィッチマンは完全に海の幸の人なのか。

 それでは7月19日の南九州大会です。会場は熊本保健科学大学です。高校生クイズ史上、熊本県での予選会場はすべて熊本城か大学です。なぜこの地区だけがこれだけ大学を渡り歩くのか。
 西里駅からすぐだそうです。実際来てみると、以前はこんなところに駅はなかったぞ。田原坂の峠を越えるまったく何もない山の中に、まず大学を造ってその前に駅を造ったと思われます。このため、駅と大学以外、一切何もありません。

 今日は異常に暑い。気をつけないと体が危険です。開始は13時ですが、12時10分に番組テーマ曲がかかります。昨年、南九州大会にはなぜか関東並みの参加者数が集まりましたが、今年も結構多い。ただ昨年ほどではありません。
 13時5分に前説が始まります。そして昨年に続いてこの地区の芸人はキンタロー。です。キンタロー。が「(ライオンの)顔がデカすぎて」と言うと上野アナが「誰のことですか」。
 暑いので仮装のチームがいません。キンタロー。はスタッフTシャツを前後逆に着て、裾を切っています。今年のスタッフTシャツはなぜ、前側は真っ白で何も描かれていないのか。その代わり三角の番組シールを張っています。この後、他人のギャグ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

34回長野大会(その8)

 今週の「世界ふれあい街歩き」は「アメリカ横断!街めぐりスペシャル」です。なんか明らかに何かの番組を意識しています。この番組では過去に、早押し機を並べてあの勝ち抜け音楽を流したことがありますからね。

 それでは長野大会です。決勝の18問目、アフリカ連合の本部のある都市という問題で松本深志が正解しますが、最後まで聞けば答えられるようになっているのに、他のチームは途中であきらめていました。これで王手です。
 19問目、本名からマザーテレサを答える問題で野沢北が正解。クイズ研はこういうのは知ってるんだな。20問目、三島由紀夫の小説でスルー。ここでテープチェンジになります。横田アナが、テープチェンジになるほどの激闘になったと言いますが、こんなに長時間決着がつかないのは異常です。

 21問目、「宝物として大切にしている品物や」で松本深志の間違え続けているチームが押して「金科玉条」。正解の虎の子の方がよほど思いつきやすいと思うが。22問目、美術の簡単な問題で松本深志のもう1チームが正解して、ここも王手です。
 23問目、「花火にはこの現象」で松本深志の間違えるチームが押して、炎色反応を正解。24問目、モバイルの3G、4GのGで野沢北が「ギガバイト」。25問目、「FIFAの最初のFは」で松本深志の不正解チームが押して答えられません。これで7回目の誤答です。

 26問目、屋代が押して不正解。ここもずっと誤答です。27問目、日本史の人物で、松本深志が決定しました。去年は先輩であるクイ研部長が負けて、来年は僕たちが勝ちますと言ったそうです。負けた松本深志のフットサルの方は、「フットサルを週2回を週3回にしていれば」。
 目の前のホクト文化ホールではこれから、LUNA SEAのコンサートがあります。帰る高校生よりこの会場に向かってくる人の方がはるかに多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

34回長野大会(その7)

 今夜の「今ちゃんの『実は…』」で、中学入試クイズ対決に灘中が出てきました。入学試験の成績が2位、3位、4位だったという1年生なのですが、灘は入試の順位が公表されているのか。そして成績で級長が決まるのか。それにしても、今回もこの企画については新聞のテレビ欄にも電子番組表にも一切載っていません(放送中に見られる「番組内容」には書いてある)。どうしてここまでこの企画を宣伝しないのにずっと続けているのか。

 それでは長野大会です。決勝の7問目、世界史の年号を聞く問題でスルー。こんな問題が出るということは、一昨年に戻りつつあるのか。8問目、漢字の問題を途中で押して、松本深志のずっと間違えているチームがまた間違えます。9問目、「サンピエトロ大聖堂の設計や」で野沢北が押して不正解。これは問題の読み違いではなく単なる知識です。10問目、「国土が最も大きいのはロシア連邦」で、松本深志の不正解が押して「バチカン」と答えてまた不正解。「では2番目は」でした。

 11問目、バスケットボールの問題で、松本深志の正解しているチームが久々に正解。12問目、「天橋立があるのは」で、松本深志の不正解が押して「三重」と答えます。このレベルの知識もないのか。13問目、数学で、松本深志のフットサルが正解。松本深志は2チームが3ポイントで、もう1チームはすでに5回間違えています。

 14問目、水泳の問題で、松本深志の誤答5回がついに正解します。15問目、「高速道路のSAはサービスエリア」で屋代が押して「パーキングエリア」で不正解。「ではICは」でした。16問目、数学で松本秀峰が不正解。17問目、慣用句で屋代が不正解。この後、長引き過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

34回長野大会(その6)

 「クイズ30」が9月で終了するという報道が出ています。この前の回を見たら、答えられないとメンバーを水に落とす設備が導入されていて、完全に「クイズ!ヘキサゴン」でした。5秒前からカウントダウンして2秒で落とすとか、紳助の演出そのものです。当初からヘキサゴンになろうとしているのは感じていましたが、これは末期的状況と思ったところでした。

 それでは長野大会です。松本深志の3チーム目。1球目は枠で、2球目は勢いが弱くて届きません。次は野沢北の混成です。クイズ研は去年できたそうです。練習で3点を抜きます。しかし本番は1球目も2球目も一番上に当たります。屋代は女子で軽音部。1球目はオーバーで、2球目も大きくオーバーします。
 結果、静岡大会と同じ、1チームが1点て他はすべて0点という結果になりました。しかし今回のルールは、「1位と2位のチームに早押しで1ポイント」です。2位は0点の5チームですから、結局、全チームに1ポイントずつ入ることになります。ストラックキャノンは企画倒れになってないか。

 早押しです。この地区も解答権表示はパトランプです。松本深志のフットサルのチームが、フットサルは早押しのためと言います。1問目、長野県出身の歴史上の人物で野沢北が正解。2問目、「主人公ルシウス」で松本深志のフットサルがテルマエロマエを正解します。3問目、童謡の問題で屋代が押して不正解。
 4問目、「人類で初めての月面着陸に」で松本深志の別のチームが押して「アームストロング船長」。アポロ何号でした。5問目、「701年、刑部親王らが」で松本深志のさらにもう1チームが正解。6問目「アンプはアンプリファイアー」で松本深志のさっき間違えたチームが押して、また答えられません。マイクは何の略でした。この後、不正解連発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

34回長野大会(その5)

 本日の関西テレビ「よ~いドン!」の「となりの人間国宝さん」で、出会った女性に夫と知り合ったきっかけを聞いたところ、大学の同級生の中学時代の友人だったといいます。それが同級生の部屋で彼女の写真を見て、いきなり電話をかけてきたというのです。当然気持ち悪くて断るところ、話しているうちに「アメリカ横断ウルトラクイズに出る」という話になって、一緒に出場することになったというのです。ウルトラクイズってナンパに有効なアイテムだったのか。ちなみにあと1、2問で第1次予選通過というところまで残ったらしい。

 それでは長野大会です。謎解きクロスワードが始まって6分で松本深志のクイズ研が来ます。正解です。その瞬間に松本深志のクイズ研が2チーム来ます。2チーム目が正解。この間に来た野沢北のクイズ研の混成を先に答えさせます。正解です。その間に男子は10チームぐらい列ができます。しかし松本深志のクイズ研が正解で男子は終了です。
 ここで女子の屋代が来ます。正解です。続いて混成の松本秀峰が来て正解。ここで一気に女子の列ができますが、もう終わっています。敗者とライセンスのハイタッチはありました。

 決勝です。ストラックキャノンが1チーム2球に戻りました。そして1位も2位も早押しが1ポイントになります。予選ごとに細かくどこか変えてきます。
 松本深志の1チーム目。フットサルをやっているそうですが、1球目は思い切り下になります。2球目は逆に上のバーです。
 松本深志の2チーム目。この地区は1球練習できるのですが、そのボールが上の金属部分に入り込みます。1球目が1点で、2球目は枠です。
 次は松本秀峰の混成です。オーケストラ部で、女子がバイオリンで男子がチェロです。練習で1点を抜きます。しかし本番は1球目が枠で2球目はオーバー。もったいない。この後、もっともったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

34回長野大会(その4)

 オロナミンCのCMで、帰ってきて櫻井翔にぶつかる玉は、高クイの大玉転がしトライアルの玉に非常に似ています。あれって、運動会の玉転がし用の玉として、市販されているんですね。

 それでは長野大会です。長野は、昨年準優勝のチームは知り合いでないそうです。スタッフTシャツが3チーム。1チーム目は松本深志のクイズ研に当たります。チームの組み合わせはアンケートで決めたらしい。2チーム目も松本深志のクイズ研です。松本深志のクイズ研はそろいのTシャツを着ているのですが、注文が間に合わなくて着ていないチームもいます。

 ディレクターが、会場周辺にいる一般人に参加賞のタオルを配っています。将来の参加者を確保するため、毎回子どもには物を配るのです。
 抽選会、次はライセンスの私物のTシャツとDVDと、ヒルナンデス!で使った覆面です。また松本深志クイズ研のTシャツなしチームに当たります。最後はももクロポスターとトートバッグです。なんか偏差値の高い学校にばかり当たっています。謎解きのジャンケンは、2回やって残った3チームにトートバッグです。
 ライセンスが「また来年来てください。私たちじゃないかもしれませんが」。

 謎解きクロスワードです。配ったペンが書けないといけないので、表紙に思い切り試し書きさせます。この後、またルールが違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

34回長野大会(その3)

 先週の「伝えてピカッチ」で、答えを思いついた博多華丸が「ピカッチ、チャンス」。するとあのアタック音がちゃんと流れます。あの音源ってあるんですね。あのコーナーと同じロゴまで画面に出ます。ここまでやるのは制作者がクイズマニアだからか。

 それでは長野大会です。○×クイズの2問目、なめこの問題です。ほとんどが一方に行きます。反対の答えが2チームしかいません。ところが正解が2チームの方です。○×が3問だったら沖縄みたいになっていたところでした。

 敗者復活戦です。1問目、ノーベル賞に関する問題です。圧倒的に1つの答えが多い。しかしそれが不正解です。これはいい問題です。勝ったのは10チームぐらいでしょうか。当然続行です。
 2問目、ニュートンについての問題で、1チーム以外すべて同じ答えです。今度は多い方が正解。すると続行判定をせずに、無条件で1チームが敗者になりました。

 次は抽選会です。なぜかライセンスのライブがありません。地区大会に芸人が来るようになって以来、芸を見せなかったという例は初めてです。そういえば私はライセンスが漫才とかコントをするのをテレビでも見たことがありません。
 キレイキレイセットが3チーム。最初に当たったチームが男女混成で、ライセンスが長々とインタビューします。アクシデントでもともとのメンバーが出られなくなったそうです。2チーム目は長野です。参加しているではないか。「文化祭つまんないんで来た」。この後、一般人に配る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

34回長野大会(その2)

 前回のエコノミクス甲子園の3位の賞品である、京セラドームで始球式ができるというのを、今夜やったとエコ甲公式ツイッターが書いていました。しかしオリックス球団のホームページを見ても、今日は大阪府知事が始球式をやったというのだけが広報されていて、エコ甲のことは一切出てきません。

 それでは長野大会です。横田アナが松本深志、上田、屋代をいじります。昨年全国大会の決勝に出た長野は、文化祭と重なっているので誰も来ていないといううわさがあります。○×クイズに10問連続正解すれば2回戦進出と言います。「10問、多くないでしょ」。しかしライセンスの出てくるタイミングが遅い。「ここは編集して、ないことにして。ツイッターでもつぶやかないことにして」。
 ライセンスが玉転がしをクリアすれば2問になります。参加者の少ない地区では2問なのか。高校生のいない会場後方で転がします。2周で60秒です。横田「もう30代の後半になってきたライセンス」「こういうのでケガする歳になってきたから」。わざとコーンを越えてはるか遠くへ行くというのをやりますが、57秒です。

 ○×の1問目、千曲川が流れるここ長野県という前ふりで、川の問題と言います。黄河についての問題ですが、初期の高校生クイズで非常によく出ていたパターンです。半々に分かれます。
 正解発表の後でまたライセンスが出てきて、大玉転がしをやると言います。「社会に出たら、1回戦すら挑戦さしてもらえへんことばっかしやからな」「何か変にリアルですね」。ライセンスはM-1グランプリで敗者復活戦から決勝に行ったことがあるそうです。そして土下座して敗者にやらせて勝者にもやらせます。この後、またこの地区だけ違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

34回長野大会(その1)

 今週の「笑ってコラえて!」で、アメリカでゴジラマニアのNo.1を決める大会をやっていましたが、クイズのコーナーで、正解の音が高校生クイズでした。しかも音がホール内に響いていたので、アフレコで入れたのではなく現地であの音を出しています。あの設備をわざわざアメリカに持っていくんですね。あ、これから高校生クイズもあの設備をアメリカに持っていくのか。

 さて、7月13日は北海道大会と長野大会があります。今年も5日にわたって日程の重なる予選があります。私は都合により長野大会に行きます。2年続けて北海道大会に自主的に行かないとは。会場は今年も、若里公園のホクト文化ホール前です。着いたらちょうど雨が降り始めます。参加者は50チーム弱でしょうか。

 前説が始まって、ライセンスがライオンと出てきます。「過去会ったライオンちゃんで一番でかい」。そして参加者に「いいですね。ちょっと集まってラジオ体操するぐらいの人数で」。ももいろクローバーZのメッセージが流れます。「ももクロが来たら、我々より盛り上がったでしょうね。こんな人数じゃすまない」。ライセンスが「ニューヨークへ行きたいか」をやります。ZIP!の撮影もあります。

 横田アナが登場します。なぜ長野だけ地元のアナウンサーなのかわかりません。それなら全部の予選が地元の人でいいと思いますが。「同じ世代、同じ信州に生まれたこの仲間」。参加チーム数が40であることが発表されます。この後、他の地区と違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »