« 34回静岡大会(その1) | トップページ | 34回静岡大会(その3) »

2014年7月25日 (金)

34回静岡大会(その2)

 列車内に張ってある救心の広告に「村井美樹」という文字が入るようになりました。一般の人には知られていないということか。私にとってはクイズと鉄道で、これ以上なじみのある芸能人はいませんが。「新・鉄子の旅」の大前駅が載っているページにサインをもらったことがあります。

 それでは静岡大会です。○×クイズの1問目。「伊豆の踊り子」をはじめとして多くの文学作品の舞台になっているここ静岡県という前ふりで、文学賞に関する問題です。ウルトラクイズの本に載っている、超定番の○×ネタです。正解の方がかなり多い。
 ここでまたやしろ優が倖田來未になって出てきます。いきなり敗者復活を要求したら、高校生から「早い」という声が上がります。おもしろいものまねをすれば復活というので、きゃりーぱみゅぱみゅをやらせます。しかし高校生の反応は鈍い。でも敗者復活戦をやることになります。

 2問目、これまた○×クイズの超定番問題で、高校生クイズでも過去に出ていたはずです。制限時間が終わると「鎮まれー」とか、湘南乃風に合わせて「回せ、回せ、タオルを回せ」というのは辻岡フレーズです。1チームだけ不正解。
 3問目、なぜか山梨県に関する問題です。山梨が関東に吸収されて、出す予選がなくなったんだな。これまた定番雑学。私は「クイズ赤恥青恥」でこの事実を知りました。不正解の方が多い。最終的に勝ち残ったのは10チーム強です。この後、これ以上ない定番問題。

|

« 34回静岡大会(その1) | トップページ | 34回静岡大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60039037

この記事へのトラックバック一覧です: 34回静岡大会(その2):

« 34回静岡大会(その1) | トップページ | 34回静岡大会(その3) »