« 34回鳥取島根大会(その8) | トップページ | 34回鳥取島根大会(その10) »

2014年7月22日 (火)

34回鳥取島根大会(その9)

 「誰だって波瀾爆笑」が読売テレビでは数年間ネットされていませんでしたが、先日から急に平日の夕方にやるようになりました。早速放送されたのが昨年の、桝アナらがゲストの回です。どの番組でも桝・上重・水卜をゲストにして製作費を浮かせる回があるんですね。ゲーム部屋の話、何回見た。高校生クイズについては「司会をしている」と触れられただけでした。

 それでは鳥取島根大会です。松江東の女子が2ポイント、立正大淞南の男子が1ポイント取っています。1問目、英語の演説からリンカーンを答える問題で、松江北の男子が正解。2問目、織姫を答える問題で同じチームが「デネブ」と誤答します。今年は一昨年までの路線の否定の否定からか、早押しは意外に難しい勉強問題が出ています。川畑アナは進行ぶりがもたつきます。「それでは第2問にいかせていただきます」みたいに余計な言葉が多い。それを全部カットして「問題」だけにしたのが福留ではなかったのか。

 3問目は生活用語の問題で立正大淞南の男子が正解。4問目は日本神話で松江北の男子が正解します。これで2ポイントが3チームになりました。5問目は女性用ファッション問題で、松江南が押して答えません。6問目は昔の高クイで出そうな頭を使う問題で松江北の男子が正解。
 7問目は漫画の問題で松江南が取ります。8問目は生活の問題で立正大淞南の女子が正解。この後、「問題です」だけでボタンを押してしまうチームがいます。9問目は日本史で松江北の男子が王手。10問目は高クイ恒例の天気図記号で、立正大淞南の男子が間違えます。ここで川畑アナが「リーチをかけている」と言ってしまって「王手をかけている」と言い直します。この後、淡々。

|

« 34回鳥取島根大会(その8) | トップページ | 34回鳥取島根大会(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60023330

この記事へのトラックバック一覧です: 34回鳥取島根大会(その9):

« 34回鳥取島根大会(その8) | トップページ | 34回鳥取島根大会(その10) »