« 34回沖縄大会(その4) | トップページ | 34回沖縄大会(その6) »

2014年7月 4日 (金)

34回沖縄大会(その5)

 日刊ゲンダイに、このような記事が載っていました。

――――(ここから)――――

ふなっしー 潜在視聴率はキムタク超え…番組MC候補にも
2014年7月2日(水)10時26分配信 日刊ゲンダイ
 ご当地ゆるキャラブームから一気にブレークした千葉・船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」がさらに飛躍しそうだ。「マンネリ」「もう消える」「臭い」……などと陰口を叩かれてきたが、話芸と抜群の運動能力が評価され、番組MCとしてオファーが殺到しているのだ。
 「番組での起用が次々に内定しています。日テレは『24時間テレビ』のサプライズMCや『高校生クイズ』の裏MCにしたい考えです。また、打ち切り説がある『笑神様は突然に…』の後番組の司会のオファーもある。フジではリニューアルや打ち切りが囁かれる『バイキング』の後番組のMC候補に挙がっています」(制作会社関係者)

――――(ここまで)――――

 高校生クイズのスタジオ司会はふなっしーなのか。

 それでは沖縄大会です。敗者復活戦を前に桝アナが、財布に触るのは厳禁と言います。硬貨の問題です。知識偏重路線を脱却してから、硬貨の問題が異常に出ています。分かれた後で「巻き起こせ、数字コール」。数字コールという表現は初めてです。圧倒的に少ないところが正解です。4チームしかいません。

 ニッチェのライブになります。よそではやる機会のないショートコントがあります。沖縄バージョンもあります。さらに歌うま芸人ということで「WINDING ROAD」を披露します。
 次はハマカーンです。先にどういう漫才であるか説明します。「ここでゲスの極みと言ったら笑うところ」とか。今の高校生は普通の漫才を聞く機会がなくてわからないのかもしれません。さらにこちらもショートコントをやります。ショートコントのオチのサインはニッチェも説明していました。

 続いて抽選会です。ハマカーンはDVDと手ぬぐい、ニッチェはDVD2本セットです。ニッチェの賞品が当たった男子が、ももクロのポスターが欲しかったと言います。すると、この賞品を放棄して改めてももクロを狙ってもいいといいますが、結局受け取ります。抽選会で賞品を拒否したら史上初だったのに。この後、名前がおかしい。

|

« 34回沖縄大会(その4) | トップページ | 34回沖縄大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59923705

この記事へのトラックバック一覧です: 34回沖縄大会(その5):

« 34回沖縄大会(その4) | トップページ | 34回沖縄大会(その6) »