« 34回静岡大会(その5) | トップページ | 34回静岡大会(その7) »

2014年7月29日 (火)

34回静岡大会(その6)

 高校生クイズ全国大会で毎回使っている宿の前を通ったら、宿泊者名のところに、ラ・サール高校東大見学会と書いてありました。そんなことをやってるんですね。

 それでは静岡大会です。加藤学園暁秀の混成。女子の方だけ昨年決勝に残ったそうです。1球目は枠、2球目は風にあおられて上のバー、3球目も枠で、点が入りません。
 藤枝東の混成です。1球目がパネルの下に行きます。2球目も弱くて届きません。これは機械への球の入れ方に問題がありそうです。最初からやり直していいか、辻岡アナが他のチームに聞きます。結局、ここからあと2球ということになります。すると今度は飛びすぎます。3球目は下のバーです。

 日大三島の男子はテニス部です。1球目、ようやく1点が出ます。2球目は3点を狙って上の枠へ。3球目は届きません。
 磐田南の男子です。地学部と写真部。1球目はオーバー。ところでこのパネルの後ろには網が張ってあるのですが、オーバーするような軌道の場合は必ず網も超えるので意味がありません。2球目は届かず、3球目はオーバーです。
 沼津の男子。1球目は低い。2球目は1に触れますが枠に当たって落ちません。3球目は上のバーです。結果、点を取ったのは日大三島だけです。ルールを厳格に適用しますので、早押しでのポイントは、日大三島が2ポイントで他5チームはすべて1ポイントになります。この後、細かい変更点。

|

« 34回静岡大会(その5) | トップページ | 34回静岡大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/60060465

この記事へのトラックバック一覧です: 34回静岡大会(その6):

« 34回静岡大会(その5) | トップページ | 34回静岡大会(その7) »