« 34回沖縄大会(その10) | トップページ | 34回鳥取島根大会(その1) »

2014年7月13日 (日)

34回沖縄大会(その11)

 ふと思ったのですが、今年の高校生クイズの全国大会後半の司会が福留功男ということはないのでしょうか。

 それでは沖縄大会です。早押しの並び順は、那覇国際の男子、昭和薬科の女子(1ポイント)、普天間の男子(1ポイント)、那覇国際の女子、昭和薬科の男子、昭和薬科の女子(1ポイント)です。3ポイント先取で誤答は1回休みです。
 1問目、消費税の基本的な問題で、普天間が正解。もう王手です。2問目は明らかに女子向け問題ですが、特に難しくありません。普天間が押します。なんと2問で終了か。しかし見当はずれの答えを言います。
 3問目の正解はどぶろっくです。そういえば事前番組ではどぶろっくの存在をすべて消していたくせに、この問題は放送されていました。那覇国際の男子が正解。4問目、頭を使う問題で、那覇国際の男子が連取します。これで王手です。大逆転なるか。
 しかし5問目、簡単な問題で普天間が正解して決定しました。そういえば桝アナは、問題をかなりゆっくり読んでいました。

 16時過ぎに終了ですが、決勝の敗者を観察していると、何か書類を渡されています。どうやら今年はスーパーオリラジチャンスがあるらしい。以前エコノミクス甲子園でやったのと同じです。何かアピールして選ばれると全国大会に出られるようです。エコ甲の方は想定していなかった事態になってうまくいかなかったようですが。

|

« 34回沖縄大会(その10) | トップページ | 34回鳥取島根大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59975433

この記事へのトラックバック一覧です: 34回沖縄大会(その11):

« 34回沖縄大会(その10) | トップページ | 34回鳥取島根大会(その1) »