« 34回鳥取島根大会(その1) | トップページ | 34回鳥取島根大会(その3) »

2014年7月15日 (火)

34回鳥取島根大会(その2)

 今日の毎日新聞に、「伝えてピカッチ」のプロデューサーのインタビューが出ていました。東大を出て、東京異動後はクイズ番組一筋だそうです。そういう人生もあるんですね。別の局に入っていたら、これは大学生でも解けないレベルとかあおるクイズ番組をやっていたかもしれません。

 それでは鳥取島根大会です。高校生パフォーマーの1組目は、マーチングバンドの演奏で旗を回すやつです。立正大淞南です。次は米子東のダンス部です。この2組だけで数十チーム分になります。

 もう30分以上たちました。改めて舞台の上で前説です。87チーム参加していることが発表されます。ジャングルポケットが出てきます。東京からの飛行機の便が少ないという話をします。「11時にここにいればいいのに7時半にいた」。
 この地区からは、ももクロのメッセージが動画で流れます。そして司会は川畑アナです。毎年最初の方の予選で、2年目の人が研修的に使われます。ZIP!に出ているそうです。「ニューヨークに行きたいかーっ」が出ます。そして高校生がZIPポーズをするのを撮影します。

 「1回戦○×クイズ、早速始めていきましょう」。この後も出てきますが、セリフがこなれていません。10問正解すれば2回戦進出と言います。5問では茶番感が薄いので10問に増やしてきました。この後、高校生が邪魔。

|

« 34回鳥取島根大会(その1) | トップページ | 34回鳥取島根大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59986653

この記事へのトラックバック一覧です: 34回鳥取島根大会(その2):

« 34回鳥取島根大会(その1) | トップページ | 34回鳥取島根大会(その3) »