« 22回中国大会(その7) | トップページ | 22回中国大会(その9) »

2014年6月 9日 (月)

22回中国大会(その8)

 この前、ヤフオク!で「朝日放送の50年」という社史が出品されていました。アタック25についても1項目とっています。しかし9500円で競争なく落札されていました。落札したのは、アタック25の台本を40万円で落札したのとは違うIDでした。さすがに金がなくなったのでしょうか。

 それでは22回中国大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 ここまで鈴木アナは前の舞台を使わず、中央で出題しました。4問目で走りクイズになるときに中央の台は撤去されました。鈴木アナは3問目の後で初めて敗者のところへ降ります。昨年のようには1問ごとにインタビューするということはありません。

 4問目は過去問ではありませんが、非常に近い問題は過去に出ています。つまり、過去の問題をやっていれば、○×クイズは勝ち残る確率がかなり高くなります。5問目で山口県が7チーム勝ち抜け。6問目で今日初めて圧倒的に少ない方が正解で、広島県が一気に8チーム決まりました。残りの枠は鳥取・山口が1チームずつです。これまでに決まったチーム数を言うときも、鈴木アナは「島根県は全部です」と
しか言いません。参加者が8チームを割ったわけではないのだから、島根県は8チーム決まっていると言ってもおかしくないのですが。

 この予選は当然、会場の移動があるはずです。これまでのところつかんだ情報は、ここから宇品港に出るらしいというものです。今年もまた、瀬戸内海の島に向かうことを表しています。

――――(ここまで)――――

 21回では、司会者が最初の○×クイズのときから1問ごとに高校生の中に入って触れ合っていたのです。参加者が極端に減った今こそこういうことが可能だと思いますが。

|

« 22回中国大会(その7) | トップページ | 22回中国大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59784700

この記事へのトラックバック一覧です: 22回中国大会(その8):

« 22回中国大会(その7) | トップページ | 22回中国大会(その9) »