« 22回中国大会(その3) | トップページ | 22回中国大会(その5) »

2014年6月 5日 (木)

22回中国大会(その4)

 ツイッターで吉田豪がこの3本を続けてリツイートしていました。

――――(ここから)――――

吉田光雄さんがリツイート
東浩紀 hiroki azuma ‏@hazuma 20時間
というか頼むから友の会か中継チャンネル入ってください・・・

吉田光雄さんがリツイート
東浩紀 hiroki azuma ‏@hazuma 16時間
3時間半の前代未聞のカフェ紹介動画が終了。そして入会者はゼロ。。。

吉田光雄さんがリツイート
東浩紀 hiroki azuma ‏@hazuma 15時間
そうです。なぜなら月間75動画(うち生中継25)なので。。。 RT @Besucher @hazuma げ、月額¥10,080となっていますが、これは¥1,080の表記ミスではなく、ほんとうに年間12万円かかるのでしょうか。

――――(ここまで)――――

 ゲンロンカフェはこの手法で自分たちがこんなに金を取れると思っていることが、吉田豪にからかわれるレベルだということでしょうか。

 それでは22回中国大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 早速第1問が出ます。厳島神社に関する問題です。中国大会でご当地問題というと、どうしても厳島神社になります。分かれた後で昨年優勝の宇部高校が出て、広島テレビ取締役に優勝旗を返還します。いつも地元局の役員に返還するのが不思議です。それでは返したことになっていないような気がしますが。
 ちなみに第1回と第2回の優勝者のみ、優勝旗を返還するために全国大会まで来ています。その後は地元の予選で返していますが、第6回と第7回の優勝校だけ優勝旗返還をしていません。私は優勝旗を宅配便で日本テレビに送りました。すでにボロボロだったので母親が縫いましたが、その後、新しい優勝旗に変わりました。

 宇部高校はさっさと敗退して、鈴木アナが「なんということか、宇部高校が」と言いかけたら、「ちょっと待ったーっ」という声が。長野アナが敗者復活の要求です。ついに藤村アナが降ろされて、それ以前に出ていた長野アナに戻りました。過去に、地元局のアナウンサーが一度いなくなって復活したのは、10回で消えて12回で復活した札幌テレビの森中アナだけです。それがどうしたと言われればそれまでですが。例によってヤラセのジャンケンで長野アナが敗者復活を勝ち取ります。

――――(ここまで)――――

 この前、十数年ぶりに脇浜アナが復活したので、今となっては大したことではありません。
 私は就職活動のとき、広島テレビのアナウンサー試験で最後の方まで残ったのですが、そのとき採用されたのが藤村アナです。しかし失礼ながらパッとせず、いつの間にか消えた感じです。あのとき一緒にいたメンバーで各地の放送局のアナウンサーになった人のうち、現在もアナウンサーをやっているのは1人しかいません。

|

« 22回中国大会(その3) | トップページ | 22回中国大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59761248

この記事へのトラックバック一覧です: 22回中国大会(その4):

« 22回中国大会(その3) | トップページ | 22回中国大会(その5) »