« 18回関東大会(その7) | トップページ | 18回関東大会(その9) »

2014年6月28日 (土)

18回関東大会(その8)

 元同僚の学芸部記者がこんなツイートをしていました。

――――(ここから)――――

油井雅和 ‏@yuimasakazu
巨泉さんにうかがったことありますが、取っているようです。ちなみに今回のクイズダービーは、はらたいらさん、森田芳光さんのほか、市川森一さんと山口美江さん。先日は小沢昭一さんと今では懐かしい方々が RT @terapee0610 あれって一般のゲスト方にも連絡取ってるんですかねえ

――――(ここまで)――――

 CSでのクイズダービー再放送も、いちいち出場者に連絡しているんですね。逆にいえば、このくらいの手間をかければ過去の視聴者参加クイズが放送できるわけです。アタック25の作家は絶対無理と言っていましたが。

 それでは18回関東大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 次に関東の代表の表彰式です。最後にカメラの前で全員で「ファイアー!」とやって終わりましたが、その場で「それではこれから全国大会です」。そう、他の地区の代表がすでに全国大会の第1問をやっているのですから、関東の代表もYES-NOクイズに答えなければなりません。1チームずつ封筒から問題を選んで、国旗10択クイズの音楽で、YESとNOのサークルに走ります。全国大会出場チームは、このYES-NOクイズに正解するかどうかによって、翌日は違う場所に行くことになります。当然、正解した方がいい思いができることが見込まれます。

 しかしなぜかこの間に、関東の決勝のセットが撤去されません。早押し機だけは取り外されたものの、解答席やテレビカメラはそのままです。YES-NOクイズが終わると、今度は運大王の10チームだけを対象にしたクイズがその解答席で行われました。さらにまだ西武ドームでのクイズは終わりません。全国大会の第1問の正解側が出る次のクイズは40チームでやるそうですが、正解があまりに少ないので、残りのチームを決めなければなりません。そこで、不正解だったチームが、札を上げるYES-NOクイズをやります。運大王のクイズでの勝者は、その前に、抽選で翌日はどちらのクイズに参加するかが決められています。ところで、私は翌日に両方のクイズをハシゴしましたが(スタッフの中でもこんなことをした人は高校生の世話をするディレクターだけだろう)、不正解側のクイズの方がおもしろかったような気がします。結局、次に勝ち残る競争率は同じだったし。

――――(ここまで)――――

 運大王のクイズは、間違えたら失格のボードクイズです。1チームになるまでやります。前回の、主要スタッフがいないときに勝手に始められた運大王を、ここでほぼ消そうというわけです。
 YES-NOクイズの正解側の40チームは翌日「結婚式」に、不正解側の10チームは「葬式」に参列します。結婚式の方がホテルで豪華な料理を食べられるというだけで、次に進める確率は同じです。運大王で勝ち残った1チームは箱からボールを引いて、ピンクなら結婚式、黒なら葬式です。結果、結婚式になりました。

|

« 18回関東大会(その7) | トップページ | 18回関東大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59887759

この記事へのトラックバック一覧です: 18回関東大会(その8):

« 18回関東大会(その7) | トップページ | 18回関東大会(その9) »