« 関西クイズ番組史(その6) | トップページ | 関西クイズ番組史(その8) »

2014年5月16日 (金)

関西クイズ番組史(その7)

 高校生クイズの鳥取島根大会の会場であるどらドラパークは、どら焼きの会社によるネーミングライツだということを今日知りました。なお、今年の鳥取島根大会の会場はここではありません。

 それでは紅鶴です。「クイズ花博ランド」の話になります。大阪万博のときも会場からのクイズ番組があったらしいですが、当時の大物俳優に比べて「タージンですよ。これがこの間の地盤沈下を表しています」。タージンはクイズ花博ランドのアシスタントと結婚したそうです。
 編集長が、大阪の局は変に制作力があるので東京の番組をネットしないでガラパゴス化すると言います。司会が「リアル脱出ゲームTVは京都の会社がやっているのに、こっちでは放送されない」。

 毎日放送五十年史のDVDにアップダウンクイズの映像があるそうです。ここで編集長が、QUIZJAPANTVの宣伝をします。さらにゲンロンカフェで、ウルトラクイズ優勝者2人の対談があるそうです。この前やっていた企画は無料で見られましたが、今回は月額会員にならないとネットで見られないようです。

 開始から1時間ほどたって休憩になります。ところで私のメモを見ると、ここまでで5分の1ぐらいしか書いていません。このペースだとあと1カ月ぐらい書き続けることになります。

 いよいよメインのゲストが登場します。「プロジェクトQの話のときに呼んでくださいよ」。プロジェクトQもこの人がやっていたのか。この後、楽屋ニュース。

|

« 関西クイズ番組史(その6) | トップページ | 関西クイズ番組史(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59650588

この記事へのトラックバック一覧です: 関西クイズ番組史(その7):

« 関西クイズ番組史(その6) | トップページ | 関西クイズ番組史(その8) »