« 過去に頼る事前番組(その5) | トップページ | 日本人の質問(その66) »

2014年5月 3日 (土)

過去に頼る事前番組(その6)

 銀座を歩いていたら、「クイズ30」の宣伝のトラックが通りました。全体がローラの顔だらけで、「初めて司会するよ」と書いてあります。これでは番組内容がよくわかりませんが、ローラが司会というので見てもらえると考えているのか。

 それでは事前番組です。東大VSギャルの3問目、動画サイトVineの6秒動画で有名になっている男性モデルの名前です。6秒動画については私も3月に「NEWS WEB」で初めて知りました。ブレアは両チーム正解です。一方で東大は苦しまぎれに「関口メンディ」と書きます。この答えについてギャルが「悪くないな。ニュアンスはわかる気がします」。開成で高校生クイズ全国優勝した方が、誤答を批評されているのです。
 桝「今の高校生クイズ、こういう問題も出るから」。ギャル「だったら多少は頑張っていけると思う」。これだって社会の一定の割合が知っている事実なのだからクイズ番組で出題されるのはおかしくないのに、一昨年までの高校生クイズでは、知っていることに人間としての価値がある知識を恣意的に決められていたのです。世界史や科学や美術に関する事項なら、実際は知っていても意味のないことであっても絶対的に価値のあることとして扱われる。

 番組が終わって、そのまま「超問クイズ! 真実か?ウソか?」の番宣です。前回の放送での問題部分だけを再編集したものでしたが、今回、桝アナだけでなく鈴木アナまで出ていたんですね。スタッフロールを見たら、高校生クイズの主要スタッフが勢ぞろいしているではないか。不正解の宇治原に桝「ZIP!で扱いました」鈴木「NEWS ZEROでもやりました」というのが一番おもしろかった。

|

« 過去に頼る事前番組(その5) | トップページ | 日本人の質問(その66) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59572950

この記事へのトラックバック一覧です: 過去に頼る事前番組(その6):

« 過去に頼る事前番組(その5) | トップページ | 日本人の質問(その66) »