« 関西クイズ番組史(その21) | トップページ | 関西クイズ番組史(その23) »

2014年5月31日 (土)

関西クイズ番組史(その22)

 読売テレビで今度の日曜日の深夜に高校生クイズ事前番組が放送されることに気づきました。このところ読売テレビでは事前番組を1本しか放送しないことが多いので、6月中旬に日本テレビでやる次の事前番組は放送されないと思います。そういえば沖縄大会が始まる前に事前番組第2弾というのは非常に珍しい。ところで電子番組表で内容を見ると、「ギャルが学校で学ぶ驚愕テク」と書いてあるのですが、高校生クイズに全然関係ありません。

 それでは紅鶴です。司会が、クイズマニアは出にくいのかと質問します。すると「中途半端なクイズマニアは一緒に楽しんでくれない」。そして、「サーモン、ショッキングといえば」で押して「ブルー」と答えるようなのが一番いやだと言います。これは今、クイズプレーヤーの最高のテクニックとしていろいろな番組で持ち上げるネタに使われているわけですが、これに対してクイズ番組制作者の拒否反応が明らかになるのは初めてではないでしょうか。そういうことをするクイズマニアをつぶすための問題も入れているが、本来はそういうことはしたくないそうです。この手のクイズプレーヤーを出すと、先読みだけで押して不正解が相次いで、3回に2回はウエストミンスターの鐘が鳴るということです。

 40周年大会はやらないのかという質問については、40周年は特に祝わないが2000回大会はやるそうです。この後、2ちゃん。

|

« 関西クイズ番組史(その21) | トップページ | 関西クイズ番組史(その23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59732734

この記事へのトラックバック一覧です: 関西クイズ番組史(その22):

« 関西クイズ番組史(その21) | トップページ | 関西クイズ番組史(その23) »