« 関西クイズ番組史(その12) | トップページ | 関西クイズ番組史(その14) »

2014年5月22日 (木)

関西クイズ番組史(その13)

 水曜日は3週続けて、ナニコレ珍百景とミラクル9が1時間ずつで放送されました。これは珍しい。そして、番組表を見ていたら、今週土曜日は「お願い!ランキングGOLD」と「関ジャニの仕分け∞」が1時間ずつではないか。これって何年ぶりだ! テレビ朝日が2時間スペシャル連発で現場が疲弊して番組が劣化しているという報道がこのところ出始めましたが、編成もついに悪影響を認識したか。再来週から日曜日の19~20時台も1時間番組2本になるようですが、シルシルミシルさんデーはすでに2時間のやりすぎで番組として危険水域に入っています。

 それでは紅鶴です。使えなくなった問題について。「雨ニモマケズ」では、玄米を何合食べる暮らしをしたいと書いているかというので、正解は四合なのですが、戦時中に、四合はぜいたくだとして三合に変えられた教科書があることがわかったそうです。これで学んだ人に抗議をされたら困るので、出せなくなりました。
 大きく差があることを、空にあるものと地面にあるものを使って何というかという問題で、雲泥の差という答えを想定していたが、月とスッポンでもいいことに気づいて使えなくなりました。雀百まで踊り忘れずということわざは、八十ということも六十ということもあるそうです。
 これは別番組の話で、日本の私鉄で営業距離が一番長いのはどこかという問題で、正解は近鉄ですが、国鉄民営化以降はJR各社も私鉄ではないかという話になったそうです。そういえば大阪市営地下鉄の路線図では、国鉄民営化に伴い、JR西日本を「私鉄」として他の鉄道と同じ記号になりました。

 使い捨てカイロは使うと重くなるか軽くなるかというので、通常は酸化する分重くなるのですが、桐灰のカイロだけは軽くなることが判明したそうです。桐灰に聞いてもメカニズムは教えてくれません。
 あと、「叶姉妹」が答えになる問題は一度も作れないと言っていました。「~の姉妹は何でしょう」だと、叶姉妹は姉妹ではないので成立しません。叶姉妹を言い表すフリの言葉がないのです。この後、素人が引く問題。

|

« 関西クイズ番組史(その12) | トップページ | 関西クイズ番組史(その14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59684046

この記事へのトラックバック一覧です: 関西クイズ番組史(その13):

« 関西クイズ番組史(その12) | トップページ | 関西クイズ番組史(その14) »