« マクラネタで1日つなぐ | トップページ | 関西クイズ番組史(その2) »

2014年5月10日 (土)

関西クイズ番組史(その1)

 今週から毎日放送で「林先生の痛快!生きざま大辞典」と「アイ・アム・冒険少年」が相次いで始まりました。それなら同じ枠の「リアル脱出ゲームTV」をやればいいのに。これは同時ネットでないと意味がないからできません。今、水曜日の23時53分から、自社制作をあきらめてTBSがゴールデンのローカルでやってる番組を放送しているのだから、木曜日の企画意図がわからない「大阪ワイドショー」を移して木曜日はリアル脱出ゲームTVにすればすぐに解決します。

 さて、「関西クイズ番組史の研究」というイベントがあるという情報が入ってきました。しかもアタック25の構成の人が来るらしい。先日のアタック25寄席は行けませんでしたが、今度は行けますし、当ブログの5月いっぱいぐらいのネタがとれるかもしれません。
 会場は紅鶴というところで、日本橋の味園のビルにあるらしい。味園といえば昔は大阪のテレビでCMを流しまくっていましたが、今はすっかり見なくなりました。しかし行っても、紅鶴というのがどこに入っているのかわかりません。5階の味園の宴会場のカウンターで聞いて、2階がバーなどが集中したエリアになっていて、その1店舗だとわかりました。
 新宿ロフトプラスワンとか東京カルチャーカルチャーとかと同じ、何か飲食物を注文しないといけないイベントスペースでした。3日前に見たばかりのクイズ王がまたいます。この後、またこの人が。

|

« マクラネタで1日つなぐ | トップページ | 関西クイズ番組史(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59615466

この記事へのトラックバック一覧です: 関西クイズ番組史(その1):

« マクラネタで1日つなぐ | トップページ | 関西クイズ番組史(その2) »