« 22回北陸大会(その1) | トップページ | アタックのセット »

2014年5月 6日 (火)

22回北陸大会(その2)

 昨日、上越市の海岸で波にのまれて5人死亡というニュースを「バンキシャ!」の予告で知りました。もしかして福澤が「これは僕が高校生クイズ北陸大会をやった場所です」と言うのかと思ったら、上下浜だったので、ちょっとずれていました。

 それでは22回北陸大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 こんなことを長々と書いてきたのは、これから書く北陸大会と関係があるからです。7月14日、「新潟たび割7きっぷ」で新潟駅に向かいます。行きに新幹線の1番列車か2番列車を使うことで往復の新幹線代が半額ぐらいになる切符です。私は当然、1番列車の指定券を選んだのですが、新潟で白新線への接続が悪い。会場最寄り駅の大形に止まる列車が非常に少なくて、40分以上後に着く2番列車と同じになってしまうのでした。

 白新線は2両編成で、ものすごい混雑です。危うく乗れないところでした。高校生が「東京のラッシュはいつもこうなの?」と言っています。大形から線路に沿って東に歩くと、会場の阿賀野川河川敷公園に出ます。これまでの北陸大会の第1会場の中で最も東にあります。これで4年連続新潟市ですが、福井などの高校生に出てほしくないのか。

 セットが何か変です。舞台の左右に、空気でふくらませると思われる円形のオブジェがあって、それぞれ「○」と「×」が盛り上がっているのですが、この会場ではそれがなくて、代わりに同じデザインのものをベニヤ板に絵で描いているだけです。すごく安っぽい。もうセットが壊れたのか。

――――(ここまで)――――

 今、新幹線が安くなる企画切符はほぼなくなりましたね。昔、国鉄民営化を批判する本を読んでいたら、想定問答に「JR東日本になったらEEきっぷのようなサービスのいい商品が出るようになったではないか」とあって、それに対して「そんなのは今が開店セールだからで、すぐに廃止される」と答えていました。実際、今の乗り放題切符は乗車券としてしか使えなくなって、買う意味がなくなりました。

|

« 22回北陸大会(その1) | トップページ | アタックのセット »

コメント

いつも楽しみに拝見しております。
ここで失礼な話ですが、22回大会の北陸大会の件は2007年4月に書き込みがあります。もしお気付きならば幸いです

個人的には第16回の沖縄大会の話が聞きたいです。


投稿: 問題児 | 2014年5月 7日 (水) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59592494

この記事へのトラックバック一覧です: 22回北陸大会(その2):

« 22回北陸大会(その1) | トップページ | アタックのセット »