« 24回札幌大会(その8) | トップページ | 24回札幌大会(その10) »

2014年4月21日 (月)

24回札幌大会(その9)

 今度の日曜日に関東ローカルで高校生クイズ事前番組がありますが、その後の「30日(水)は、『超問クイズ!真実か?ウソか?』」という番組が気になります。おそらく2月2日に放送した桝アナと中田敦彦の○×クイズの番組が早くもゴールデンの全国ネットになるのだと思います。それで2月の番組が再放送されるのでしょう。ここに入れてくるということは、高校生クイズ視聴者の取り込みを狙っているのか。

 それでは24回札幌大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 今年の地区大会は最後が東京であることを除けば、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡と、完全に北から南になっています。こういうのは初めてです。それでは札幌大会の続きです。敗者復活戦が終わったのが12時15分ごろでした。昼食代わりに東洋水産のブースで赤いきつね・緑のたぬきをと思ったら、なんと、すでに売り切れて店じまいしています。この暑いのに、こんな時刻にカップ麺が売り切れるというのは番組史上初です(そもそもブースが売り切れるのを見たことがない)。

 広場では続いて頭脳コースの準決勝です。例によって前進三択クイズです。正解すると一つ前に進んで5ポイント先取です。本来40チームであるところ、74チームもいます。三択札が、画用紙に手書きであるチームがいくつかあります。スタッフは三択札を70セットしか用意していなかったことがわかりました。それにしても、ここを通過できるのは5チームです。事実上、1問でも間違えたら残れないのではないでしょうか。なお、今回は、敗者復活のチームへのハンデはありません。

――――(ここまで)――――

 地区大会の開催順が経度の順番に並ぶというのは29回もあります。この回は南から北へだったのですが、南九州大会だけが皆既日食に合わせて変な日程になっていました。
 もともと北海道大会は、この地区だけのスポンサーとして即席ラーメンの会社がついていたのですが、東洋水産が全国スポンサーになるにあたって降ろされました。その東洋水産も今はスポンサーをやっていませんね。

|

« 24回札幌大会(その8) | トップページ | 24回札幌大会(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59503885

この記事へのトラックバック一覧です: 24回札幌大会(その9):

« 24回札幌大会(その8) | トップページ | 24回札幌大会(その10) »