« 24回札幌大会(その9) | トップページ | 24回札幌大会(その11) »

2014年4月22日 (火)

24回札幌大会(その10)

 関西テレビではネプリーグが6日遅れの日曜昼に放送されますが、放送する回がないとき(月曜日が2時間スペシャルで同時ネットだった場合など)は昔のが再放送されます。昨日は2年前の4月の回が放送されていました。ファイブリーグで、坂本龍馬が起草したとされる国家方針で、大阪維新の会の政権公約にも名称が使われた□□□□□八策という問題が出ました。2年前はそんな話をしていたのか。維新八策って最近一切報道されていないので、あれが今生きているのかどうかもわかりません。
 これで2文字目の関根麻里が間違えます。今ならわかったかと聞かれて、「せかちゅう」。すると堀内が「麻里ちゃん馬場アナウンサーの話あんまり聞いてないだろ」。馬場アナウンサーはいろいろあってあの番組には出てない…。2年の時の流れはいろいろありますね。

 それでは24回札幌大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 1問目は新庄に関する問題です。複数のスタッフが高校生の前に立って「降ろさない」というカンペを出しています。いくら言っても正解が出るとすぐに札を降ろしてしまうので、判定ができなくなります。3問終了時で全問正解が4チーム、全問不正解が4チーム。圧倒的多数が正解する問題がなくて、うまく進んでいます。
 4問で全問正解は1チームです。そのチームに、ものすごく腹の出た、どう見てもおっさんという男がいます。このチームは5問目も正解して勝ち抜けました。ここで4ポイントが4チームになっています。ところが、次の問題がいきなり超易問。小学生が計算で答えられます。わざわざ間違えないように選択肢が配置されているように感じました。当然、今いる4チームが全部正解して、これで5チームが決まります。私には、とにかく早く終わらせようとしたように見えました。

――――(ここまで)――――

 当時、北海道といえば新庄だったんですね。三択のときの「降ろさない」というカンペは今出してもいいのではないでしょうか。なぜこの回しかやらなかったのか。

|

« 24回札幌大会(その9) | トップページ | 24回札幌大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59509675

この記事へのトラックバック一覧です: 24回札幌大会(その10):

« 24回札幌大会(その9) | トップページ | 24回札幌大会(その11) »