« 15回中部大会(その3) | トップページ | 外国語の問題 »

2014年4月 1日 (火)

15回中部大会(その4)

 土曜日の深夜にTBSの関東ローカルで「ミッドナイト感謝祭!もってけダービー'14春」というのをやっていましたが、その中で関東の大学のクイズ研を対戦させて順位を当てるという問題がありました。またWQCの人がかかわっているだけあって、ボタンの押し方の特徴はとか読ませ押しをスローモーションで見せるとか、露骨なクイズプレーヤー推しをやっていましたが、それなら「ドイツ語で」だけで各チームが押して誰も答えられないような場面は放送しなくてよかったのではないか。一般人は、あの問題は「ドイツ語で」だけでわかるのかと思ってしまうかもしれません。実際は、いくらクイズをやっていても調子が落ちるとみんなで答えられないところで押してしまうというだけですが。

 それでは15回中部大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 「河川敷で行われるときは、第1問は必ず川側が正解」という鉄則があるが、今回は、川側の空きスペースを変に広くとっていて、しかも係員を何人も配置していて怪しい。無理して土手側を正解にしようとしているか?
 正解発表には、昨年の千種高校のチームのうち、当時3年だった人が出てきた。全身白い衣装を着ているのだが、後ろのステージで彼の体に青または赤のペンキが浴びせられる。過去の出場者をこんなことに利用した例はない。

 第1問の敗者に向かって、「あちらの会場で敗者イベントがあります」という発表がある。例の野球場のようなところである。しかし何か変だ。最初から気になっていたことだが、どうもPA機器がしっかりし過ぎている。あちらがYES-NOクイズの会場でもおかしくないくらいだ。しかも、敗者イベントがすぐに始まらないで、会場でずっと待たせている。単に敗者が不満をステージ上で叫ぶとかいう企画なら、さっさと始めて、YES-NOクイズの終了までには収録を終えるはずである。したがって、どうも敗者復活戦臭い。

――――(ここまで)――――

 素人はスタッフが敗者を帰しやすい方を正解と考えているがそんなことはお見通しというのは、事前番組でもよく言っていて、福留本にも出てきますが、実際は敗者を帰しやすい方が正解であることが圧倒的に多い。ただし西武球場でスタンドとグラウンドに分かれる問題では、意地でスタンド側を正解にし続けていました。

|

« 15回中部大会(その3) | トップページ | 外国語の問題 »

コメント

えー、あれに参加した者です。
「ドイツ語で」で大量に誤答が出た件なのですが、実はあのとき、出題者の初田アナが「ドイツ語で」と「ゴム」の間に不自然なくらいの間を開けて読んでいたのです。他の問題でも区切りの数がやけに多く、「そういう読み方」をしていたのです。スタッフがそう指示していたのか、それとも初田アナの独断だったのか…

投稿: ボタン暴発の件 | 2014年4月 1日 (火) 03時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59390524

この記事へのトラックバック一覧です: 15回中部大会(その4):

« 15回中部大会(その3) | トップページ | 外国語の問題 »