« 外国語の問題 | トップページ | 15回中部大会(その6) »

2014年4月 3日 (木)

15回中部大会(その5)

 今週の「すイエんサー」で、わけあってクロワッサンの盛り上がった部分をピレネー山脈にたとえるのですが、ここで教授が演説台のような箱の後ろに立って「ピレネー山脈に行きたいかーっ」。当然あの音楽がかかります。スタッフが用もないのに自分の趣味でやっているとしか思えません。

 それでは15回中部大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 第2問は、これがなぜ2問目に出るのかわからないような問題だ。小便小僧に関する問題なのだが、移動時間中に「おちんちんとはペニス・男性自身・男根という意味です」「男性自身のようにそそり立ちたいものです」「僕の向きは右です」など(ちなみに私も右向きだ)、放送できるものならしてみろという感じである。
 あと、7問目でお札についての問題が出たとき、中国大会と同様に、敗者に「お札や切手はクイズの世界ではレギュラークエッション」と言っていたが、確かにこの問題もウルトラクイズで出た過去問である。
 結局18問使って、1時30分ごろまでかかった。最後の方は、スタッフのあせりが感じられた。それならなぜ、クイズ開始を10時にしなかったのだろう。なお、参加チーム数は1700チーム台で、長野県も100チームを超えていた。

 次の会場は、まだわかっていない。とりあえず、敗者イベントの方に行ってみると、看板に「敗者復活戦 君たちの夏をまだ終わらせない--」とちゃんと書いてある。

――――(ここまで)――――

 ペニス、男性自身、男根、右向きはもちろん中部大会の番組で放送されませんでした。
 愛知県で開催しているのに長野が100チームを越えているんですよ。今は長野市でやっても20チームとか30チームです。

|

« 外国語の問題 | トップページ | 15回中部大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59400872

この記事へのトラックバック一覧です: 15回中部大会(その5):

« 外国語の問題 | トップページ | 15回中部大会(その6) »