« 24回札幌大会(その1) | トップページ | 24回札幌大会(その3) »

2014年4月14日 (月)

24回札幌大会(その2)

 2カ月前にこれを書きました。

――――(ここから)――――

 関西テレビでは「さんまのまんま」のゲストが板東英二でした。謝罪会見みたいになっていてあまり盛り上がりませんでした。これ、他のネット局でも順次放送されるんでしょうか。

――――(ここまで)――――

 確認していませんでしたが、フジテレビでは放送されなかったそうですね。

 それでは24回札幌大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 真駒内駅から歩いて、やはり会場に着くのは10時過ぎです。スタッフが何か説明をしているのが聞こえます。ところで、昨年の地区大会は、高校生クイズの本質を捨て去るようなとんでもないルールになったのを覚えているでしょうか。○×クイズと三択クイズと早押しクイズで1チームだけ全国大会出場チームを選んで、それ以外の全チームを対象に「敗者復活戦」。ただの体力ゲームで絞ったチームに対して、3種類のちゃんとした企画のクイズを「敗者復活の決勝」として行う。放送されるのは当然こちらのクイズで、しかもこれで全国大会に出るチームの方がはるかに多い。つまりクイズ番組と銘打ちながら本当はクイズで選ぶ気がないのです。さすがに、相当批判があったようですから、今年はそんなことはできないでしょう。しかし、「バランス」と書かれたのぼりが置いてあるのを見つけました。ということは、昨年と同じなのか?

 スタッフの説明が途中からしか聞けなかったのですが、今年は去年とは決定的に違うらしいということがわかりました。今の時点で、「頭脳系」「肉体系・パワー」「肉体系・バランス」というコースを選ぶのです。そして、○×クイズを通過できるのが、頭脳は40チーム、パワーとバランスはそれぞれ20チームらしい。つまり、キャラ重視で体力で選ぼうというチームも、原則としてクイズはあるのです。

――――(ここまで)――――

 確か23回のころは番組サイトに掲示板があって、かなり批判が集まっていました。司会者が、皆さんの声を参考に今後の番組に行かしていきますといった文章を載せていました。そういえば「明日、ママがいない」の掲示板には批判的な意見が全然載っていないらしいですね。

|

« 24回札幌大会(その1) | トップページ | 24回札幌大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59465066

この記事へのトラックバック一覧です: 24回札幌大会(その2):

« 24回札幌大会(その1) | トップページ | 24回札幌大会(その3) »