« 24回札幌大会(その7) | トップページ | 24回札幌大会(その9) »

2014年4月20日 (日)

24回札幌大会(その8)

 昨日、天満天神繁盛亭で「アタック25寄席」があって、直前まで「まだチケットが売れ残っている」と思いながら迷って結局行かなかったのですが、東京などからも結構有名クイズマニアが集まったようですね。くやしい。なんで行かなかった話を書いているかというと、マクラのネタがないからです。アメリカ横断ウルトラクイズがついにCSで再放送されるという、他から流れてきた情報を書いてもしようがないし。

 それでは24回札幌大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 数字を引いて、8チームが復活しました。すると、敗者の声に応えてもう1回引きます。それでさらに18チームも残ってしまいました。次のクイズのときに鈴木アナが「みなさんのために私がスタッフに怒られました」と言っていました。

 今度こそチャンスのなくなった敗者たちに向かって長井が「今から住民票を東海地方とか九州とかに移せばいいじゃん」。過去、負けたチームが不正で他の地区に出て勝ち残ってしまったことがあるので、シャレになりません。鈴木アナは「まだ、本当の敗者復活戦として、ケータイ予選と一芸予選にもチャンスがあります」と言います。昨年はこれらが地区予選より前にありました。気づいている人はいないと思いますが、昨年の全国大会で決勝に残った3チームは、いずれも地区予選に参加していないのです。これは高校生クイズの本質を壊す重大事ではないでしょうか。今年は原則として全員が地区予選には出ることになります(別に、地区予選に出ずに携帯にだけ賭けてもいいのだが)。

 長井「一芸予選でおもしろかったら『エンタの神様』とか出られると思うんでね。五味に言っときます」。ここまでで12時15分ごろです。この後、高校生クイズ史上初の驚くべき光景を目にすることになります。

――――(ここまで)――――

 第6回で新潟県のチームが、北陸大会では1問目で負けたのに関東大会に出てYES-NOクイズで勝ち残ってしまったことがあります。あと、23・24回は一部の県については出場する予選を2カ所から選べました。これで両方に出るという不正をやったチームもいるようです。
 この当時は、エンタの神様の人が高校生クイズの制作方針に関与して徹底的に知識のみの番組になるとは思いませんでした。

|

« 24回札幌大会(その7) | トップページ | 24回札幌大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59498032

この記事へのトラックバック一覧です: 24回札幌大会(その8):

« 24回札幌大会(その7) | トップページ | 24回札幌大会(その9) »