« 15回中部大会(その9) | トップページ | 15回中部大会(その11) »

2014年4月 8日 (火)

15回中部大会(その10)

 土曜日の「クイズ!タイムイズマネー」で、パップス・ギュルダンの定理というのが出ていました。私はまったく知りませんでしたが、これについて調べたら、定理の中身の方がおもしろいではないか。数学にこんな法則があったのか。これを、定理名を早押しクイズのために覚えるというレベルに落とし込むのはもったいない。ところで、スピードキングは、パップス・ギュルダンの定理を答えられるのにみうらじゅんを答えられないというのは、クイズ界の上位の人がどういう勉強の仕方をしているのかがうかがわれます。

 それでは15回中部大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 奥に歩いて行くが、なかなか会場がない。ついに一番奥までやってきた。ここも、この10年の間に造られた設備のはずだ。ここはもともと空き地で、2回と4回のYES-NOクイズはその広場で行われた。ちょうど、準決勝の会場に挑戦者が入ってくるところの収録をしようとしていた。
 準決勝はバラマキクイズである。世界各地のみやげ物をパネルのヒントから探し、それが作られた国の形のパネルとともに持ってくる。例によって、2回当てると通過問題が出る。
 「いいかい、僕が『スタート』と言うまでは絶対に動かないこと」。こう念を押すときは、必ず次のようなことが起こる。「それでは準決勝。位置について。ヨーイ」「ちょーっと待ったーっ!」。で、敗者復活のチームが登場するわけであるが、またしても、「このチームを入れてほしければ、板谷くんの好きな女性の名前をカメラに向かって叫べ」である。

――――(ここまで)――――

 ここで、よく覚えていませんがアキちゃんだったか何だか叫んで、中部大会の番組では音声がカットされていました。敗者復活を要求するアナウンサーにこういうのを言わせるのはよくありますが(一夜をともにしたい同僚女子アナの具体名を言わされた人もいる)、放送はしていないというのはそれまで知りませんでした。

|

« 15回中部大会(その9) | トップページ | 15回中部大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59431694

この記事へのトラックバック一覧です: 15回中部大会(その10):

« 15回中部大会(その9) | トップページ | 15回中部大会(その11) »