« ゲンロンカフェ(その5) | トップページ | ゲンロンカフェ(その7) »

2014年3月 7日 (金)

ゲンロンカフェ(その6)

 今発売中の「FLASH」で小倉淳が結構すごいことを言っています。日本テレビはたまたま朝の番組の司会者が変わったタイミングで局を挙げて「桝推し」になって、制作から「上重を使いたい」と言ってきてもアナウンス部は桝を出させている。逆に自分は当時のアナウンス部長に嫌われていたので、小倉を使いたいと言っている番組に出られなかったというのです。逆になんで、内部にいないのに桝推しなんて知っているのでしょうか。

 それではゲンロンカフェです。ゲンロンの人が、気合が入りすぎて2号以降大丈夫なのかと聞きます。1号は184ページでしたが、2号は現段階ですでに200ページを超えるのが確実になっていて、定価も上がる見通しです。
 2号では東大クイズ研3人の座談会があって、3時間半やったがしゃべり足りないと言っていたそうです。さらに京大の座談会も予定しています。番組は無限なのでネタはいくらでもあるといいます。ホールドオンは番組が終わる前に取材する機会を逃したそうです。
 QUIZ JAPANは1人で作っています。「ゲンロンより編集者が少ない雑誌を初めて聞きました」。したがって、次号を出せるまで5カ月ぐらいかかる見通しです。

 「Quick Japan」と名前も判型も極めて似ていることについて、「デザインの参考にはした。サブカル本のオピニオンリーダーとして」。そして「紙のプロレス」も参考にしているそうです。あの小さい文字で膨大な発言を詰め込むレイアウトは、吉田豪のインタビュー記事そのものです。さらに打ち合わせ段階で、「映画秘宝」を目指すという話になったそうです。映画秘宝はメジャーな作品は一切取り上げず、ここで紹介されたホラー映画が再評価されるような。吉田豪-町山智浩というラインは、TBSラジオ「ストリーム」です。この後、エヴァとあまちゃん。

|

« ゲンロンカフェ(その5) | トップページ | ゲンロンカフェ(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59249775

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンロンカフェ(その6):

« ゲンロンカフェ(その5) | トップページ | ゲンロンカフェ(その7) »