« ゲンロンカフェ(その10) | トップページ | ゲンロンカフェ(その12) »

2014年3月12日 (水)

ゲンロンカフェ(その11)

 ものまね芸人のみかんは愛媛県出身ですが、29回高校生クイズの四国岡山大会に来ています。5年後にこんなに売れるとは思いませんでした。大泉洋も初めて北海道大会で見たとき、ここに「大泉なんとかというタレントが」と書いていました。

 それではゲンロンカフェです。テレビのクイズに出られた世代へのコンプレックスがあるそうです。一方、オープン大会はナナマルサンバツで描くことはできたがQUIZ JAPANで取り上げにくいといいます。来ないとわからないので伝わりにくいそうです。たしかに一般読者としてはオープン大会の話は引くと思います。
 WQCやクイズ神でオープン大会の世代がレジェンドに勝ったことで、クイズの実力のものさしができたといいます。さらに、路線が元に戻る前の高校生クイズで、オープン大会世代がすごいとわかる機会があったということです。ゲンロンの人が「TBSの3本の番組(WQC+クイズ神×2)は奇跡だったんですね」でまとめます。

 最後に、テレビ東京の「WILL」でクイズ関係者を取り上げる話です。WQCの前に「バース・デイ」で競技クイズはスポーツだと強弁して取り上げたのと同じ手法を、同じ人がテレビ東京のスポーツドキュメント番組でもやろうとしているのです。放送は明晩です。
 開始から1時間半たって、休憩になります。この後、プレゼント。

|

« ゲンロンカフェ(その10) | トップページ | ゲンロンカフェ(その12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59277852

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンロンカフェ(その11):

« ゲンロンカフェ(その10) | トップページ | ゲンロンカフェ(その12) »