« ゲンロンカフェ(その4) | トップページ | ゲンロンカフェ(その6) »

2014年3月 6日 (木)

ゲンロンカフェ(その5)

 今月のナナマルサンバツでは、ムーンライトながらが185系で描かれています。鉄道関係は最もマニアのチェックが厳しいところですから、正確にやらないといけません。そして大垣ダッシュと米原ダッシュというのまで出てくるのですが、今はそんなにダッシュが激しかったっけ。昔に比べるとかなり改善されていると思いますが。

 それではゲンロンカフェです。ワールドクイズクラシックの視聴率の話になります。裏番組がホンマでっか!?TVのスペシャルと相棒と家政婦のミタで、さらに19時台がローカル枠のため20時開始にしなければならなかった(他局はすべて20時をまたいでいる)ので、編成上すでに圧倒的に不利な状況に置かれていたという話です。編集者がWQC関係者の立場になっています。

 芸術作品はファンの声がクリエーターに届くが、クイズ番組については憶測で語るしかなかったということを企画書に書いたそうです。QUIZ JAPANの本文で、ウルトラクイズは一般人の権利関係があるからCSでも再放送できないと言われているが、実際はそんな制約は一切ないという話が出てきますが、これが一般人が勝手に思っているということです。
 出版のもう一つの狙いとして、例えばウルトラクイズにいかに商業的価値があるかをテレビ局に気づかせるというのもあります。「ウルトラクイズ再放送の要望を出すならファミリー劇場です」。実際今回の売り上げは想定を超えていて、印刷部数を絞ったら自社の倉庫に280部ぐらいしか残っていないそうです。2号からは売り方を変えて全国販売を目指すとしています。この後、2号はいつ出る。

|

« ゲンロンカフェ(その4) | トップページ | ゲンロンカフェ(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59244525

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンロンカフェ(その5):

« ゲンロンカフェ(その4) | トップページ | ゲンロンカフェ(その6) »