« 15回中部大会(その2) | トップページ | 15回中部大会(その4) »

2014年3月31日 (月)

15回中部大会(その3)

 昨日の朝、関東ローカルで「完全密着!東大受験~歓喜と涙…合格の瞬間を見逃すなSP~」をやっていたのに気づいていませんでした。昨年はゴールデンの全国ネットでみのもんた司会でしたが、依然としてこの情報にある程度の需要はあるということなのか。高校生クイズも一昨年までの内容に戻すという圧力が常に働きそうです。今のところ頭脳王の存在でガス抜きされていますが。

 それでは15回中部大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 YES-NOクイズが行われるのは、土手を越えたところにある河川敷である。下りてみると、また前と後ろにステージがある。それとともに、その会場の後ろの野球場のようなところにも、ステージとスピーカーが設置されている。こちらも番組のものかはわからない。
 どうも受付開始が遅い。参加者の中には、上半身ビキニの女性チームもいれば、ほぼ全裸の男性チームもいる。ふんどしといちじくの葉をつけているだけである。これは番組史上最強のコスチュームではないか。
 10時を過ぎても、冷房の効いた施設の中で涼んでいる高校生がたくさんいる。受付終了時刻が遅いということは、移動距離が短いか、またはないということだ。しかし私がスタッフなら、ここで決勝はやりたくない。どこへ行くのか。例によって会場内のあらゆるところをグルグル回っているのだが、今のところ手がかりは見つからない。

 結局のところ、YES-NOクイズが始まったのは11時だった。タワーの展望台から現れる司会者。これでこの会場での決勝は完全に消えた。
 第1問は「昨年の高校生クイズ全国大会で、番組史上初のCD録音を果たしたチームは愛知県の千種高校でした」という始まりである。過去に出た特定の学校名が問題文に入るのは非常に珍しい。7回の関東の第1問で「昨年の優勝校・東大寺学園」という表現が出たくらいだろう。千種高校がそんなに視聴者の印象に残ってるか?

――――(ここまで)――――

 ほぼ全裸の男子チームは当然、全国放送のエンディングでも使われていました。

|

« 15回中部大会(その2) | トップページ | 15回中部大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59379029

この記事へのトラックバック一覧です: 15回中部大会(その3):

« 15回中部大会(その2) | トップページ | 15回中部大会(その4) »