« ゲンロンカフェ(その16) | トップページ | ゲンロンカフェ(その18) »

2014年3月18日 (火)

ゲンロンカフェ(その17)

 先週のネプリーグのブレインタワーイングリッシュで、「郵便局」という問題の写真が牛込郵便局でした。移転前のフジテレビといえば、応募のあて先が牛込郵便局の私書箱というのが定番でしたが、それに敬意を表してわざわざ牛込局まで撮りに行ったのだろうか。

 それではゲンロンカフェです。2人とも「クイズ王になりたいのに作り手になっちゃった」。そういう場を作ったのに、作れるのが自分たちだけなので、結局出られないのです。
 「こんなオレでも出せるんですよ」と、「クイズ王の『超効率』勉強法」を見せます。それまではお願いランキングに出るときなども、肩書きはクイズ王にしないように頼んでいたそうです(自分が大型クイズで優勝したことがないのに、本当のクイズ王に失礼ということで)が、そこまでみんながクイズ王と呼ぶのならということで著書のタイトルになったそうです。これに対し「食っていくためにはしょうがないという割り切りでしょ」。

 一方、それに対抗するかのように取り出された本が「ウルトラクイズ殺人事件」です。ちょうどこの日、ウルトラクイズの放送作家のブログで、自分も実物は残していないと書いていました。所属会社の社長が当時のウルトラクイズのスタッフをやっていて、持っていたものを譲り受けたそうです。当時は推理小説を読むという、クイズではない人間力を生かしてトップで抜けたクイズ王という話になります。この後、ミス東大。

|

« ゲンロンカフェ(その16) | トップページ | ゲンロンカフェ(その18) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59311700

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンロンカフェ(その17):

« ゲンロンカフェ(その16) | トップページ | ゲンロンカフェ(その18) »