« ゲンロンカフェ(その18) | トップページ | ゲンロンカフェ(その20) »

2014年3月20日 (木)

ゲンロンカフェ(その19)

 本日も国会中継があって、結局ホールドオンの最終回は放送できなくなりました。しかし、来週は久しぶりにNEWS WEBの後のホールドオン再放送が帰ってきます。チャンピオン大会の最後の3回だけ放送されます。最終回は深夜だけ放送されることになりそうです。

 それではゲンロンカフェです。「新春TV放談」でテリー伊藤が「今、芸人がおもしろすぎるよね」と言っていた話です。元気が出るTVのころは高田純次などが出る余地があったが、今は芸人以外が芸人を差し置いておもしろいことをするのは不可能だということです。
 今から素人でのど自慢をやろうとすると、外国人だとか人生のキャラづけがないと企画が成立しません。先日、フジテレビで素人のものまね番組を復活させたがまったく視聴率が取れなかったそうです。みんな目が肥えているのです。

 急に壇上で、水についてのうんちくを振ります。「い・ろ・は・す」に点が3つあるのは3回でつぶすという意味だと言います。「では五・七・五でどうぞ」「いろやすや、どうか地球をよろしくね」。

 WQCの1回戦は、テレビをつけたときに何をやっているかがわかるまでにタイムラグがあったという話です。マニアの評価だけはやたらと高いが、一般人には全然おもしろくありません。これについて、百人一首を知っている人が名人戦を見たらものすごくおもしろいが、それをテレビで中継するとなるとどうなるか。むしろテレビとしては、いろはかるたをやる方が見てもらえるというたとえになります。これに関連して、「アメフトのことをよく知らないんですが、あれってやけに笛が鳴るんですね」。この後、クイズ荒らし。

|

« ゲンロンカフェ(その18) | トップページ | ゲンロンカフェ(その20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59321978

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンロンカフェ(その19):

« ゲンロンカフェ(その18) | トップページ | ゲンロンカフェ(その20) »