« 第8回エコ甲全国大会(その16) | トップページ | 第8回エコ甲全国大会(その18) »

2014年2月18日 (火)

第8回エコ甲全国大会(その17)

 関西テレビで再放送されていたネプリーグで、金谷俊一郎が「石田三成を光成と間違える人が多い。一つ、二つ、石田ミッツ成と覚えるのがいい」。しかしその場にはミッツ・マングローブがいて、このミッツは「光」なんですけど。私は、変な語呂合わせで覚えようとするとかえってわからなくなると思います。例えば信号の緑はどちら側かというので「ひだ」は「みど」と覚えると、「ぎ」は「どり」だったのかわからなくなります。逆にこの文章によって石田三成が覚えられるかもしれません。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。第4ラウンドの1問目、明治時代の経済と財政政策について。この長文では問題を記録できません。千葉がEを選んで8点、春日部がBで不正解、鶴丸がAで6点、土浦第一がFで不正解、岐阜東がCで4点、残った藤島はDの「理由」を答えれば10点ですが不正解です。
 2問目、景気が悪いときの財政金融政策。春日部がAの「理由」を正解して一気に16点です。千葉がDの「二択と説明」で10点。鶴丸がEで8点、岐阜東がCで6点、土浦第一がBで4点、藤島がFで5点。制限時間1分ですが一瞬で6チーム終わります。

 3問目、生命保険について。岐阜東がFの「文章」で15点。千葉がDで12点、藤島がEで9点、土浦第一がAで不正解、春日部がCで12点、鶴丸がBで6点。
 4問目、金利が下がった時に起こる状況です。最初に押した土浦第一が最下位なのにFの「二択」を選びます。すでに勝負を捨てたか。4点。藤島がCで16点、岐阜東がAで18点、鶴丸がEで10点、千葉がBで6点、春日部がDで6点。最終的に、岐阜東、千葉、春日部が勝利です。問題読みは八十二銀行でした。この後、はげた官僚。

|

« 第8回エコ甲全国大会(その16) | トップページ | 第8回エコ甲全国大会(その18) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59154884

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回エコ甲全国大会(その17):

« 第8回エコ甲全国大会(その16) | トップページ | 第8回エコ甲全国大会(その18) »