« 第8回エコ甲全国大会(その2) | トップページ | 第8回エコ甲全国大会(その4) »

2014年2月 4日 (火)

第8回エコ甲全国大会(その3)

 内田麻理香はこのところ、STAP細胞に関して、リケジョという概念で女性研究者をくくることを批判するツイートを繰り返していますが、その中でQさまについて、

――――(ここから)――――

Marika UCHIDA 内田麻理香 ‏@kasoken 2月2日
これだけジェンダーとかフェミ的なこと言いながら、あなたはセーラー服コスプレでテレビ出るんですか?という批判は甘んじて受け入れます…。

――――(ここまで)――――

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。舞台には垂れ幕が4枚かかっています。大会名、スポンサー、全国大会出場校、過去の優勝チームの写真です。例年より全体に演出が地味です。

 エコ甲定番の自己資本比率の問題で藤島が正解します。次は長野代表の長野、岐阜代表の岐阜東、三重代表の川越、島根代表の浜田です。経済統計の問題で長野が正解。
 次は香川代表の高松、福岡代表の修猷館、長崎代表の佐世保北、秋田代表の秋田商です。修猷館が混成、秋田商が女子です。最近ニュースになった政策で、高松が不正解。修猷館が正解します。

 次は福島代表の福島、栃木代表の矢板東、宮城代表の仙台第二、山形代表の山形南です。問題は、銀行が舞台で倍返しとかいうドラマです。ここまであれだけボタン押しが暴走していたのに、この問題に限って異常に押すのが遅い。簡単すぎると警戒するのか。

 次は茨城代表の土浦第一、群馬代表の前橋、千葉代表の千葉、神奈川代表の聖光学院です。不思議なことに途中から、4チームの地域がやたらと近くなります。この後もそうです。本当に抽選で組み合わせを決めたのか? この後、押すポーズが特殊。

|

« 第8回エコ甲全国大会(その2) | トップページ | 第8回エコ甲全国大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59067958

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回エコ甲全国大会(その3):

« 第8回エコ甲全国大会(その2) | トップページ | 第8回エコ甲全国大会(その4) »