« 第8回エコ甲全国大会(その4) | トップページ | 第8回エコ甲全国大会(その6) »

2014年2月 6日 (木)

第8回エコ甲全国大会(その5)

 日曜日に「クイズ!それマジ!?ニッポン」の事前番組をやっていましたが、見たら、以前関東ローカルで放送された単発番組を編集しただけでした。しかし電子番組表で内容を見ると、短くしたのでカットされた内容がそのまま載っています。これで「にやける」の意味が気になった人はどうするんだ。先日、「ナニコレ珍百景」の2時間スペシャルで、大阪では放送されない最初の4分に放送されるネタが大阪の新聞のテレビ欄に載っていたことがありました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。第1ラウンドの最後は非常に簡単な時事問題で宮崎第一が正解します。ここで、問題を読んだのは愛知銀行と西日本シティ銀行の人であることを紹介します。これも毎年のことです。

 ここで10分休憩になります。この間にロビーを見ます。プレゼンクイズは昨年から壁新聞方式に変わりました。前日行われた「エコノミクス広辞苑」です。4チームずつ10組に分かれます。それぞれ広辞苑のページを抽選して、その中に載っている見出し語を1つ選びます。そして「オリンピック×○○」というテーマでビジネスプロジェクトを考えます。
 夜のパーティーで、壁新聞の前でプレゼンします。審査員が50人以上いて、それぞれが100万円を上限に各組への出資額を決めます。その合計金額の比率によって10組で1000点を分配します。そのプレゼン内容ですが、なんと3組がメガネ型端末でかぶっています。

 今回、カードゲームの「エコノミカ」以外のブースが出ていません。去年に比べるとかなり寂しくなっています。この後、やはりかぶる。

|

« 第8回エコ甲全国大会(その4) | トップページ | 第8回エコ甲全国大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59079489

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回エコ甲全国大会(その5):

« 第8回エコ甲全国大会(その4) | トップページ | 第8回エコ甲全国大会(その6) »