« 第8回エコ甲全国大会(その7) | トップページ | 第8回エコ甲全国大会(その9) »

2014年2月 9日 (日)

第8回エコ甲全国大会(その8)

 「QUIZJAPAN」のウルトラクイズ対談について。2007年にANAが金を出すから中国でウルトラクイズをやりたいと言ったが局側が赤字を恐れて断ったというのは、2010年の「夏休み横断ウルトラクイズ」のときに私が直接聞いていて、ここにははっきり書けなかったことです。あと、総合演出の人が事情により1回だけウルトラクイズをやらずに高校生クイズをやった年のことを話していて、富士山頂での決勝を企画したが、あれだけ大変な思いをして実現したのに放送では15分ぐらいにしかならないということで、やりがいがないのでウルトラに戻ったそうです。出た側から言うと、15分で十分です。もっと他のチームを映すべきです。逆にここ数回、2チームしかいない決勝に1時間も使っていることの方がおかしい。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。第2ラウンド、次は「手短」の組(徳島市立、福島、那覇国際、長野)と「激震」の組(浜松西、聖光学院、修猷館、鶴丸)です。問題はベストグローバルブランドの上位30です。
 徳島市立がいきなり難しい答えを出して不正解。ヴィヴィアンウエストウッドは入らないでしょう。福島はナイキで、客席がいなくて初の40ポイント獲得です。那覇国際と長野はソニーで不正解。浜松西はアップルで客席に5チームいます。
 聖光学院はサムスン電子で40ポイント獲得。ソニーは入らなくてサムスンは入るのか。VAIOを売却するのもわかります。修猷館はソフトバンクで不正解。鶴丸はルイヴィトンで客席に4チームいます。

 次は「街頭」の組(前橋、甲府南、山形南、佐世保北)と「草の根」の組(仙台第二、岡山白陵、広島学院、藤島)です。問題はAPECの国・地域。
 前橋はブルネイで客席が3チームですが、前橋のホワイトボードに徳島市立のメッセージが書いてあるらしい。実は他のチームもホワイトボードに、後のチームへのメッセージを残していたようなのです。この後、ミッキーマウス。

|

« 第8回エコ甲全国大会(その7) | トップページ | 第8回エコ甲全国大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/59096447

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回エコ甲全国大会(その8):

« 第8回エコ甲全国大会(その7) | トップページ | 第8回エコ甲全国大会(その9) »