« 第2回世界ウルトラクイズ(その17) | トップページ | たまにマクラのネタがあふれる »

2014年1月22日 (水)

第2回埼玉クイズ王上尾大会(その5)

 ウルトラクイズの後楽園の○×について、間違いを認めたのではないかと思われる問題もあります。「君が代の歌には2番がある」という問題が×で、ウルトラの本にも載っていますが、その後、君が代には2番があるという指摘がされるようになりました。現在の国旗国歌法で定められた君が代には1番しかありませんが、君が代の2番でネット検索してみると、この問題文と解説では○が正解であってもおかしくないことがわかります。そして、日本テレビがかつて元日にやっていた逸見政孝司会の番組でクイズコーナーがあって、問題はすべてウルトラの過去問だったのですが、君が代の問題が○に変わっていました。

 それでは埼玉クイズ王決定戦です。早押しのA組は三姉妹という名前がついたチームと、男女のチームと、親子のチームです。クイズ王からルール説明があります。不正解は1回休みで、5ポイント先取した1チームが決勝大会に出られます。
 最初に押したチームが間違えた場合は2番目に押したチームに解答権があって、2番目に押したことがわかる表示になっています。こんな単発イベントで、早押しの2位が表示できる機械が導入できるとは、よほどクイズにくわしい人がかかわっているのでしょうか。さらに「答えが日本人の名前の場合は原則としてフルネームで答えてください」。もう完全にトップレベルのマニアの大会ではないか。

 1問目、埼玉県出身でバードと呼ばれるアナウンサーです。いきなりフルネームで答える問題です。三姉妹が正解します。2問目は合併した市の問題で親子が正解。3問目、川越の食品です。三姉妹が正解。4問目、テレ玉の問題で男女が正解します。5問目は自治体名で三姉妹。6問目は埼玉県出身の歌手で親子。7問目、国体の問題で男女です。問題のレベルは真ん中より少し下ぐらいです。世界ウルトラクイズのように最初がやたら難しくて急に算数やなぞなぞになったりしません。
 8問目、私は知らないが埼玉では有名らしい学者で、三姉妹がリーチ。9問目、大宮公園の問題で男女が正解します。10問目、埼玉県出身のタレントで三姉妹が勝ち抜けます。この後、県民税。

|

« 第2回世界ウルトラクイズ(その17) | トップページ | たまにマクラのネタがあふれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58990974

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回埼玉クイズ王上尾大会(その5):

« 第2回世界ウルトラクイズ(その17) | トップページ | たまにマクラのネタがあふれる »