« 第8回エコ甲愛知大会(その8) | トップページ | 33回長崎大会(その7) »

2014年1月 8日 (水)

第2回世界ウルトラクイズ(その12)

 日曜日の「マルコポロリ!」でMENSA企画をやっていましたが、宇治原側は東大軍として、東大出身タレントをそろえていました。最近テレビで見るようになった元準ミス東大という人が1問もできていませんでした。事前に過去問を渡されているそうなのですが、ああいうのは勉強とは違う能力でしょう。現在のクイズ番組の形式とたまたま脳の相性がいいために過大評価されているのは三浦奈保子だと思います。

 それでは世界ウルトラクイズです。今回は問題は勘でしか答えられないものばかりだったので、アメリカ横断で優勝した人たちも軒並み負けています。敗者復活戦に先立って司会が、スマホを使うのは一切禁止と言います。そんなの当たり前で、Aグループの人には何のことだかわからないでしょう。
 勝ち残るのは2チームで、今回も1チームになるまで○×クイズをやるのを2回繰り返します。私は記録をしながら自分も答えます。

 1問目、料理についての非常に簡単な問題で全チーム正解です。2問目、スポーツの問題で1チームだけ不正解。3問目は世界史です。
 4問目、雑学的な問題で一気に落ちます。これまでの問題作成のレベルからすればこちらだろうと思いましたが、私も間違えました。5問目は一転して簡単な常識問題。2チームだけ不正解です。6問目はそれこそこれまでの問題作成のレベル通りの問題です。

 7問目は海外旅行者にはよく知られたことで、2チームだけ失格。8問目、また山下マヌーの本からです。9問目は雑学本によく載っている問題で、これで3チームになります。10問目はBグループの18問目と同じで、要素が2つあるダラダラ長い問題です。これで1チーム決定しました。アメリカ横断と同じ勝ち抜け音楽が流れます。この後、ミス日本。

|

« 第8回エコ甲愛知大会(その8) | トップページ | 33回長崎大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58909516

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回世界ウルトラクイズ(その12):

« 第8回エコ甲愛知大会(その8) | トップページ | 33回長崎大会(その7) »