« 第8回エコ甲愛知大会(その6) | トップページ | マクラだけの話 »

2013年12月31日 (火)

第2回世界ウルトラクイズ(その10)

 フジテレビで土曜日の深夜に「Mr.クエッチョン」という番組をやっていました。あるテーマに沿って出演者が雑学問題を持ち寄って出題し合うだけというものです。番組全体の雰囲気が、20年前のフジテレビの深夜の実験番組みたいでした。こういうところで原点に帰って局全体の立て直しをしようとしているのでしょうか。

 それでは世界ウルトラクイズです。Bグループの36問目、急に非常に簡単な問題が出ます。37問目はつい先日の時事問題です。ここで、携帯電話使用禁止ということになります。むしろ今まで何やってたんだ。

 38問目で1チーム敗退。39問目は日本の問題で全チーム正解。40問目はあちらしか選べないだろうという問題です。41問目はまた出た、困ったときの「○○されたのは○○年のことである」。全チーム正解。さらに42問目も同じパターンで、3チームになります。

 ここでスタッフジャンパーを着た女性に、何をしているのかと言われます。昨年はスタッフに断って記録していましたが、今年は何も言っていません。問題を書いている。一応事前に参加の応募もしているが一人なので出られないと言いました。すると、参加してもいいというのです。ちなみにこの人が大会の最高責任者らしい。
 昨年は参加規定に「2人以上のグループ」とあって、今年もホームページの応募フォームのところにそう書いてあったはずですが、今年は1人でも出られるといいます。しかし今さらそんなことを言われても、もうBグループも終わろうとしています。そしたら、今から手続きすれば敗者復活戦から参加させるとのことです。ただ、昨年の問題なら勝つ自信がありましたが、今年は大半がヤマカンでしか答えようがないので、勝つことはないでしょう。この後、意外にかかる。

|

« 第8回エコ甲愛知大会(その6) | トップページ | マクラだけの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58854774

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回世界ウルトラクイズ(その10):

« 第8回エコ甲愛知大会(その6) | トップページ | マクラだけの話 »