« 33回南九州大会(その11) | トップページ | 第2回世界ウルトラクイズ(その6) »

2013年12月18日 (水)

第8回エコ甲愛知大会(その2)

 3月に次のようなことを書きました。

――――(ここから)――――

 「ネプリーグ」は関西テレビでは6日遅れの日曜日に放送されますが、今週は、チャベス大統領のベネズエラという問題が出ていました。フジテレビなどでの放送では問題なかったのに、わずか6日ずれるだけで事実がおかしくなる。クイズの確認作業は大変です。特におことわりなどは出ていませんでしたが。

――――(ここまで)――――

 先週土曜日の深夜に関西テレビでなぜかこの回が再放送されていました。林修が初めて出た回だったようで、今となっては不自然なくらい「今でしょ」に振ろうとしています。ところで、「芸名が漢字の『内』で始まるタレント」という問題で、「うちのせいよう」でブーで、「うちのまさあき」でピンポンになっていました。本当にクイズに出る事実は次々と変わりますね。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。愛知大会の頭取のあいさつで、この大会の開催趣旨を読み上げます。地区大会は、全国に均等な金融教育の機会を与えるために、地域金融機関と共同して行うこととすると書かれているそうです。
 2006年の第1回は3地区でしたが、第2回から愛知銀行も参加。当時は10チームだったそうです。今回は31チーム参加しています。1チーム棄権しています。

 筆記クイズです。30分で4択50問+近似値1問。4択の正解は2ポイント、不正解はマイナス1ポイント、無回答は0ポイントです。問題は1人1部ずつ配られますが解答用紙はチームで1枚です。
 残り時間表示の演出は特にありません。終了時にカンカン鳴ります。

 高校生に出る弁当に、業者の宣伝の紙が張ってあります。この人たちが忘年会を予約しないだろ。そして、弁当が余ったというので、私にもくれました。愛知大会で観客に弁当をくれたのは史上初です。それでも余って、2個目を食べたい高校生を募っています。この後、観客にも要求。

|

« 33回南九州大会(その11) | トップページ | 第2回世界ウルトラクイズ(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58777994

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回エコ甲愛知大会(その2):

« 33回南九州大会(その11) | トップページ | 第2回世界ウルトラクイズ(その6) »