« 第2回世界ウルトラクイズ(その2) | トップページ | 第2回世界ウルトラクイズ(その3) »

2013年12月10日 (火)

33回南九州大会(その8)

 今週から高専ロボコンの地区大会の番組の放送が始まりました。私は今年も全国大会を見ましたが、地区大会の段階で、これが全国優勝するだろうという圧倒的に強いロボットがいます。しかしそういうロボットでも勝てるとは限らないようにルールがうまく作られていました。高校生クイズもそういうルールになってもらいたいものです。知識が最初から関係ないというルールではなく。

 それでは南九州大会です。鹿児島のバルーンパニックは、ラ・サールがセーフ。鹿児島第一の混成がセーフ。そして鳳凰の女子がアウト。残った鹿児島とラ・サールが勝利です。今回は鳳凰がラ・サールを倒す二度とないチャンスだったのに、ここではずれを引くのが鳳凰らしい。

 次は熊本です。ここも一からルール説明があります。宮崎だけルール説明がなかったのが際立ちます。熊本がセーフ。熊本学園大付属がセーフ。次の熊本学園大付属の女子が、藤田アナがカウントダウンする前に剣を刺してしまいます。しかもアウト。

 宮崎の決勝です。日向学院の女子、宮崎第一の女子、宮崎大宮、日南学園です。宮崎第一はクイズ研で、去年も決勝までいったらしい。
 1問目、オリンピックの問題で、宮崎大宮と日向学院が正解。2問目、完全に女子向けのファッションの問題で、日南学園のみ不正解です。3問目は外国の料理の問題で、宮崎第一のみ不正解。4問目はパソコンの問題で全チーム正解。5問目は生物の問題で日南学園のみ正解です。この後、はしごを外された。

|

« 第2回世界ウルトラクイズ(その2) | トップページ | 第2回世界ウルトラクイズ(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58731314

この記事へのトラックバック一覧です: 33回南九州大会(その8):

« 第2回世界ウルトラクイズ(その2) | トップページ | 第2回世界ウルトラクイズ(その3) »