« 第2回世界ウルトラクイズ(その7) | トップページ | 第8回エコ甲愛知大会(その4) »

2013年12月23日 (月)

33回長崎大会(その2)

 読売テレビの「大阪ほんわかテレビ」が1000回記念で総集編をやっていましたが、10年前に出た、犬の種類をなめて当てるペットショップ店員というのを放送していました。正解すると、高校生クイズのピンポンが鳴ります。日本テレビはどんなクイズでも音声を高校生クイズのものに差し替えたりしますが、10年前の関西ローカルでもこの音なのか。

 それでは長崎大会です。ゴングマンが長崎国際テレビの取材を受けています。藤田アナが出てきます。参加者の女子が去年かぶりものをしていたのを覚えています。変に進行を急いでいる感じで、すぐに問題が出ます。
 1問目、長崎とは何の関係もありませんが、雑学クイズとしてはいい問題です。半々ぐらいに分かれます。藤田アナが、YESに青いシャツのチーム、NOに赤いシャツのチームがいると指摘します。答えが出て、馬のかぶりもののチームはヅラにペイントしています。

 2問目は比較問題です。不正解が5チームだけです。この問題で勝ち抜けたのは10チームぐらいですが、間違えたチームで1問目も不正解だったのが1チームもいません。
 3問目、語源の問題で、1チームだけ違う答えです。そして正解は1チーム。この問題でなぜこんなに間違えたのかわかりません。敗者が十数チーム出ました。

 スリムクラブが「ちょっと待った。彼らね、家に帰ってもやることないんですよ」。藤田アナが敗者復活の条件としてゲームをやると言うと真栄田が「いーよー」。この後、去年とかぶり。

|

« 第2回世界ウルトラクイズ(その7) | トップページ | 第8回エコ甲愛知大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58806568

この記事へのトラックバック一覧です: 33回長崎大会(その2):

« 第2回世界ウルトラクイズ(その7) | トップページ | 第8回エコ甲愛知大会(その4) »