« 第2回世界ウルトラクイズ(その4) | トップページ | 第8回エコ甲愛知大会(その1) »

2013年12月14日 (土)

33回南九州大会(その10)

 訂正です。

――――(ここから)――――

 昨夜の「今ちゃんの『実は…』」で、ビラがパズルの人が率いる京大チームによるパズルクイズ企画があったそうですが、見逃しました。この番組は、パズル企画について新聞のテレビ欄に載ったことが一度もありません。

――――(ここまで)――――

 今週は夕刊のテレビ欄に「パズル王」という4文字が載っていました。

 今日は首相の会見があったために、「クイズ100人力」の放送時間が変わっていました。あの番組は時間をずらすだけでなく、間にニュースが入らなくなることで編集をやり直して、さらに全体の放送時間も2分縮めなければなりません。バラエティをつくっている人がニュースの都合で編集全体をやり直しさせられるとは。

 それでは南九州大会です。藤田アナが携帯電話の落とし物の告知をします。この地区は、ゲームはグランドキャノンのみであることがわかりました。まずは宮崎です。宮崎第一が16ポイント、日南学園が18ポイント。宮崎大宮は、19ポイントになった時点で、左の台の上の2ポイントを狙って落とします。台の上を取ったのは久しぶりです。
 これにより、日向学院は22ポイント必要です。つまり両端の台の上にあるブロックも落とさなければいけません。しかし18ポイントにとどまって、宮崎大宮が全国大会です。

 次は鹿児島です。鹿児島第一はゼッケンにくまモンをつけています。中央のブロックを全部取って20ポイントです。鹿児島は最初に一気に落として、20ポイントになります。
 ここで藤田アナが「ここからラ・サール2チームというカットがいるか」とスタッフに聞いています。ラ・サールを主役にして番組作りをしていることがわかります。野球部が中央全部と左の台の上のブロックを取って22ポイントです。この時点で鹿児島代表がラ・サールになることは確定しました。この後、レベルが上がる。

|

« 第2回世界ウルトラクイズ(その4) | トップページ | 第8回エコ甲愛知大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58755671

この記事へのトラックバック一覧です: 33回南九州大会(その10):

« 第2回世界ウルトラクイズ(その4) | トップページ | 第8回エコ甲愛知大会(その1) »