« 第8回エコ甲広島大会(その11) | トップページ | 第8回エコ甲広島大会(その12) »

2013年12月 3日 (火)

33回南九州大会(その4)

 昨夜の「月曜から夜ふかし」で、埼玉クイズ王決定戦の出場者募集についてやっていましたね。今年の大会の映像もテレ玉から借りて放送していました。優勝したのは自治体職員のチームで、上司が勝手に応募したということがわかりました。問題を読むところではウルトラクイズの○×のときのアタックを入れているのに、正解音は高校生クイズピンポンではありませんでした。

 それでは南九州大会です。今日の藤田アナはやたらテンションが高い。第1問が出ますが、これだけの人数がいるのにYES-NOカードを使います。そして高校生を後方に下げさせますが、キンタロー。と広報写真を撮るのを忘れていたと、また前に戻します。全員でフライングゲットをやります。

 300チームぐらいいるのではないでしょうか。1問目はくまモンとひこにゃんを比較する問題です。ほとんどのチームが一方の答えに行きます。この地区で出しているのだからそうだと思うでしょう。しかしスタッフはそういうことではなく意外性を重視していました。正解が10チームぐらいしかいません。

 2問目はノーベル賞についての問題ですが、おそらくノーベル賞関係でクイズに出る中で最も簡単な部類の情報です。1問目で間違えすぎたので、ここはほとんど正解にさせようということでしょう。それでも40チームぐらい間違えています。
 フェイスペイントの時間が非常に長い。BGMの応援ソングが終わりそうです。ここで勝ち抜けたのは6チームぐらい。2問目を間違えて敗退でないのは3チームです。この後、桝アナの話。

|

« 第8回エコ甲広島大会(その11) | トップページ | 第8回エコ甲広島大会(その12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58690811

この記事へのトラックバック一覧です: 33回南九州大会(その4):

« 第8回エコ甲広島大会(その11) | トップページ | 第8回エコ甲広島大会(その12) »