« 第8回エコ甲愛知大会(その1) | トップページ | 33回南九州大会(その11) »

2013年12月16日 (月)

第2回世界ウルトラクイズ(その5)

 「ほこ×たて」にもよく出ていた内田麻理香がこんなツイートをしていました。

――――(ここから)――――

Marika UCHIDA 内田麻理香 ‏@kasoken
各メディアでのプロフィール作られ方に色々思うところあり。さっきの監修している雑誌は「サイエンスライター」のあとに「東京大学大学院在籍中」とか書いてあったよ…少ないスペースだけど、私の著作名がもう一冊書けるのに。そんなに東大の権威、大事か?

Marika UCHIDA 内田麻理香 ‏@kasoken
あとはテレビの紹介の仕方。「東大院在籍中」もあるが、なぜか「東京大学卒」にこだわる。「一応、東大大学院修士課程修了」なんですが…と返すと「世間ではこちらの方がわかりやすくてウケが良いんです」と。わからない。

――――(ここまで)――――

 世間の見方を知るには、「東大卒」と「京大卒」を交互に並べること自体を目的として出場者が決められたクイズ番組あたりを見ればいいのではないでしょうか。

 それでは世界ウルトラクイズです。また一からやり直しになって20問目。簡単な常識問題が出ます。そして21問目。10問目とまったく同じパターンです。答えが○であろうと×であろうとどうでもいい。これだけ問題数を使うルールである以上、質の悪いものも大量に混ぜて全体を水増ししている感じです。

 22問目、また生活の常識の問題です。全チーム正解か。そして23問目はクイズで出まくっている雑学です。24問目、海外の空港についての問題で、単なる説明文のような文章です。これで7チームになります。
 25問目は比較的まともな問題で3チームに。26問目は国語の常識問題で、2チームになります。27問目、世界地理の統計の問題で、1チームが決定します。

 まだこのブロックでもう1チーム決めなければいけません。28問目、滝川クリステルの問題です。簡単かと思いましたが圧倒的多数が間違えます。29問目は東京オリンピックの問題で、7チームになります。30問目は高校生クイズでも出そうな雑学で3チームに。31問目、外国の歴史の問題ですが、聞いていることがまたどうでもいい。というかそれ自体は重要な歴史事実ですが、クイズにして聞いてもしようがない。この後、ブラック企業。

|

« 第8回エコ甲愛知大会(その1) | トップページ | 33回南九州大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58767189

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回世界ウルトラクイズ(その5):

« 第8回エコ甲愛知大会(その1) | トップページ | 33回南九州大会(その11) »