« 第2回世界ウルトラクイズ(その5) | トップページ | 第8回エコ甲愛知大会(その2) »

2013年12月17日 (火)

33回南九州大会(その11)

 2カ月前にこういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 NHKでやっていた「激突 神ワザ!」。完全に「ほこ×たて」ですが、最近ネタが苦しいほこ×たてよりはるかにほこ×たてっぽかった。NHKが本気を出せばこのくらいできると示しているのか。おそらく「Good Job!会社の星」のスタッフが取材の過程で見つけたのではないかと思います。千原ジュニアの発言をよく聞いていると、ほこ×たてのようなものに何か言及したのではないかと思われる不自然なカットがありました。

――――(ここまで)――――

 この番組が前後編に拡大されて今夜と明晩、再放送されます。上の文章を書いたときは、直後にほこ×たてが打ち切られるとは思いませんでしたが、NHKは本気でほこ×たてをレギュラー化しようとしているのではないか。この前はBSで、ほこ×たての企画そのものの番組をタカアンドトシの司会でやっていましたし。

 それでは南九州大会です。鹿児島のグランドキャノン。最後はラ・サールのクイズ研です。トップに18ポイント負けています。ブロックを落とすための角度の計算をしていたという話をします。藤田アナの実況で、「今年は早押しではありません」。最終的に22ポイント取ります。どんなルールになっても結局勝つのはラ・サールのクイズ研です。

 熊本です。第二が22ポイント。この地区は、台の上の2ポイントも落とすのがデフォルトになってきました。私が見た他の全地区で1回しか落ちなかったのに。熊本は早い段階で左の台の上の2ポイントに当てますが落ちません。19ポイントで届きません。
 熊本学園大付属は普段、この場所で部活をやっているそうです。19ポイントで届きません。玉名はトップと18ポイント差です。左の台の2ポイントも落として、21ポイントで勝利です。右の台の2ポイントも動きましたが落ちませんでした。

 明日は北海道大会に行きたいところですが、さすがにこの距離の移動を繰り返せないので長崎大会に行きます。私が各地の予選を回るようになって、国家権力ではなく自分の意思で北海道大会に行かないのは初めてです。

|

« 第2回世界ウルトラクイズ(その5) | トップページ | 第8回エコ甲愛知大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58772344

この記事へのトラックバック一覧です: 33回南九州大会(その11):

« 第2回世界ウルトラクイズ(その5) | トップページ | 第8回エコ甲愛知大会(その2) »