« 第8回エコ甲愛知大会(その4) | トップページ | 33回長崎大会(その3) »

2013年12月25日 (水)

第2回世界ウルトラクイズ(その8)

 電王マヴォの「知泉之刻」によると、サンタクロースの服が赤いのはコカコーラによるものだというのはガセということが書かれています。コカコーラの広告より何十年も前から現在のデザインのサンタは存在していて、1980年代にコカコーラが昔の広告を使った際に、急にこれが起源というのが雑学本などに載ったらしい。こういうのがポロポロ出てくると、クイズ番組を作るのは極めて難しくなります。

 それでは世界ウルトラクイズです。Bグループの1チーム目が決定して、改めて全員で10問目。万里の長城の長さです。11問目は富士山の高さについて。12問目は飛行機の問題です。
 13問目、「エビの体表は、チキン質の殻に覆われている」。なるほど、そういう引っかけ問題か。会場も一斉に×に動きます。ところが正解は○。しかも司会が読み間違えたというわけではなく、画面にも「チキン質」と出ていたそうです。本当に問題制作者が間違えていたのです。さすがに会場から一斉に抗議の声が起こって、この問題はノーカウントになりました。

 14問目は海外おもしろ映像でよく出ますが、聞いていることは「○○の数は○○である」という、○×クイズの最悪パターンです。これで一気に人数が減ります。15問目、山下マヌーそのままと思われるハワイの問題です。16問目はタイの法律の問題。解説を聞くと、法律について調べたわけではないでっち上げ問題だったことがわかります。

 17問目、「福井県には、自動改札機が設置されている鉄道駅はない」。なぜ突然福井の問題が出る。司会「福井をバカにしたらあかんが」。これで5チームになります。この後、速すぎ。

|

« 第8回エコ甲愛知大会(その4) | トップページ | 33回長崎大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58818881

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回世界ウルトラクイズ(その8):

« 第8回エコ甲愛知大会(その4) | トップページ | 33回長崎大会(その3) »