« 33回中部大会(その6) | トップページ | 33回中部大会(その7) »

2013年11月 4日 (月)

あの人の番組

 先日、読売テレビで1年ほど前の「行列のできる法律相談所」が再放送されていました。宮崎美子の嫌いな芸能人というので、クイズ番組でチームを組んだときの再現VTRがあるのですが、高校生クイズボタンで高校生クイズ音でした。架空のクイズでもこれを使うのか。ところで、NONSTYLE井上とチームを組んだのは「雑学王」だと思われるので、実際は早押しではありません。

 1年前といえば、1年前にこういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 ENEOSの福澤朗のCMを見ました。このところ急に、福澤が「ウルトラクイズの人」として使われるようになりましたね。福留が消されているということでもありますが。しかしサークルは○が青で×が赤という、高校生クイズ色でした。

――――(ここまで)――――

 自動車がウルトラクイズのように○と×に移動するというCMで、福澤が「また呼んでください」と言って水川あさみが「当分呼ばないです」と言いますが、まさかこの第2弾のドロンコクイズ編が作られるとは。完全に関係者の単なる趣味ですね。

 復帰するといえば、先日の「ワイドナショー」の録画を見たら、島田紳助についてかなり長く語っていました。来週の鑑定団1000回スペシャルで、過去を振り返るに際して紳助の映像が使われるそうです。で、武田鉄矢が言っていたのが、紳助は極言すれば「ルールを決めてゲームをやる才能」だけだというのです。考えてみれば紳助の番組はすべて、紳助の作った枠組みで全体が動いていくものかもしれません。
 それにしてもこんな話が堂々とできるようになるのは、復帰に向けた動きがあるのでしょうか。7月の「さんまのまんま」に円広志が出たとき、円は共演者を飲みに誘えないし人としゃべれない、スタジオでの本番が終わるとしゃべれないと言いました。さんまが「紳助とよく一緒にいましたよね」。円は「いや、行かない行かない」「えっ、紳助とも行ってないんですか」「行ってないです、行ってないですよ」。するとさんま「え、行ったって言ったらあかんから? 今」。

|

« 33回中部大会(その6) | トップページ | 33回中部大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58514304

この記事へのトラックバック一覧です: あの人の番組:

« 33回中部大会(その6) | トップページ | 33回中部大会(その7) »