« 第8回エコ甲広島大会(その1) | トップページ | 第8回エコ甲広島大会(その2) »

2013年11月12日 (火)

33回北東北大会(その4)

 エコノミクス甲子園の沖縄大会が、一般客が見られるようになっています。銀行の建物で行われる予選が、入れないのから入れるのに変わるのは、エコ甲史上初です。しかしその日はもっと近いところでやっている予選にも入れるので意味がありません。

 それでは北東北大会です。敗者復活を賭けた水風船、1球目は近藤が失敗して、2球目で江上が成功します。敗者復活戦は広辞苑問題です。高校生パフォーマンスでラップをやったチームだけが違う答えに行きます。YESかNOか微妙な結果ではなく、圧倒的にあちらが正解とわかりやすいデータでした。唯一の不正解チームが最初にそれに気づきます。

 ニッチェのライブです。「何で見た? ピカルの定理? ニッチェ、ピカルの定理出たことねえんだよ。渡辺直美と間違えてんじゃねえのか。あんな太ってねえよ」。まずはコントをやって、結構トークします。
 続いてその場で抽選会です。テレビ岩手のキャラクターのぬいぐるみが、青森、秋田、青森のチームに当たります。キャラクターのストラップは岩手、青森、秋田のチームに当たります。岩手のローカルヒーローのカレンダーが、岩手、青森、秋田のチームに当たります。異常にバランスがいい。普通は開催県以外のチームにはまったく当たりません。
 さらに番組のバスタオルもあって、他の地区より商品の種類がかなり多い。次がようやくキレイキレイです。ニッチェはこの後、ごはんを食べるロケがあるそうです。

 高校生を県ごとに分けて集合させます。この地区は2回戦が宝箱です。このパターンは初めてです。どの県もクイズが成立する参加者数がいます。この後、初めて見せる。

|

« 第8回エコ甲広島大会(その1) | トップページ | 第8回エコ甲広島大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58559283

この記事へのトラックバック一覧です: 33回北東北大会(その4):

« 第8回エコ甲広島大会(その1) | トップページ | 第8回エコ甲広島大会(その2) »