« 33回中部大会(その5) | トップページ | あの人の番組 »

2013年11月 3日 (日)

33回中部大会(その6)

 NHK文化祭のウルトラハットは、かぶってボタンまで押せるんですね。何らかのクイズで勝たない一般人がこれをできるのは史上初でしょう。ところで、関空での「世界ウルトラクイズ」は今年もあることがわかりました。今、参加者を募集しています。出題者はリビアの国旗を勉強してほしいところです。

 それでは中部大会です。3回戦を通過するのは5チームです。このところ2県大会ばかり見てきたので久しぶりです。開始30秒ほどでギルの1チーム目が宝箱を開けます。続いて三重、岐阜、愛知と開きます。3分で愛知が終了します。5分でヒントが出ます。すると直後に岐阜が終了です。7分ですべて終わりました。

 岐阜のバルーンパニックです。1チーム目の岐阜がセーフ。2チーム目も岐阜でセーフ。高山西がセーフ。女子2チームが残ります。関がセーフで、加茂の敗退が決定です。
 三重です。川越の混成がセーフ。津がアウト。そういえば全国的に、有名クイズ研はなぜかバルーンパニックでは落ちません。
 愛知です。東海は一度決めた色を変えます。セーフです。小牧南の女子がセーフ。旭丘の混成がセーフ。一宮がアウトです。東海が最初に避けた色はセーフでした。

 岐阜の決勝です。高山西、関の女子、岐阜の2年と1年です。岐阜は両方ともクイズ研です。三択の1問目、料理に関する時事問題です。関だけ不正解。2問目は海外の雑学です。他の番組で見たことがあります。全国大会の企画で出てきたものかもしれません。高山西と岐阜の1年が正解。この後、独特のジャンル。

|

« 33回中部大会(その5) | トップページ | あの人の番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58506610

この記事へのトラックバック一覧です: 33回中部大会(その6):

« 33回中部大会(その5) | トップページ | あの人の番組 »