« 33回広島山口大会(その9) | トップページ | 33回鳥取島根大会(その2) »

2013年10月23日 (水)

33回鳥取島根大会(その1)

 昨夜日本テレビでやっていた「スッパラッパ」。出場者の中に予選枠としてシードされている人がいましたが、気づかないうちに関東ローカルで予選を放送したのかと思ったら、ニコニコ動画でした。今や日本テレビの番組はニコ動と連動しているのか。高校生クイズも、番宣だけではなく予選をニコ動で放送したらどうだ。

 それでは7月27日の鳥取島根大会です。会場は昨年に続き、米子のどらドラパークです。朝に豪雨になりますが、昼にはすっかり晴れます。その分、非常に蒸し暑い。
 参加は20チーム台ぐらいか。島根のチームというと、手を上げる人がかなりいます。昨年は島根が3チームしかいませんでしたが、今年は鳥取と島根が半々です。

 ゴングマンが出てきます。まずは出雲農林の太鼓演奏です。岡山に続いてです。もちろん合格です。考えてみれば、この学校が大量参加するから島根のチームがこれだけいるわけで、高校生パフォーマンスをやったのは成功でした。
 次は石見智翠館の女子ラグビー部です。マイクを向けられてよけるというボケをします。ニュージーランドのハカ(オールブラックスがやるやつ)をやります。合格です。事前応募は2組だけで飛び入りもありません。出雲農林が優勝です。

 藤田アナです。「生まれは横浜。1歳の娘とはここ1カ月会っていない」。そして、勝った者が叫べる言葉はと言うと、ファイヤーと言う高校生がいます。「第11回から20回まで使われたファイヤーを持ってくるとは相当なマニアです」。この後、超簡単。

|

« 33回広島山口大会(その9) | トップページ | 33回鳥取島根大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/58442141

この記事へのトラックバック一覧です: 33回鳥取島根大会(その1):

« 33回広島山口大会(その9) | トップページ | 33回鳥取島根大会(その2) »